【スキンケア】しみやくすみの改善方法 原因と解消法

シェアする

気になるしみやくすみを改善する方法について

自力ではケアしきれない肌のしみやくすみの悩みには、美容エステという選択肢があります。

肌のしみやくすみは、年と共に深刻度が増して、対策が難しくなってくる肌トラブルです。

まず、自分でできる対策には、紫外線対策に気を配ったり、美白効果が期待できるスキンケアアイテムを使った方法です。

毎日の食事内容に気を付けることや十分な睡眠時間を確保することも、肌の健康維持に役立ちます。

けれども、スキンケアを欠かさず行い、肌トラブルが起きないようにする必要性はわかっていても、実行できないこともあります。

自宅で行うスキンケアは、毎日続けてこそ効果を発揮するものであり、短期間で肌を美しくできるようなケアはありません。

そこで注目したいのが美容エステであり、しみやくすみといった肌の悩みを効率的に改善してくれるメニューが沢山あります。

ハンドマッサージで血流を改善し、電波や超音波を使った美容機器での美肌効果を高めるような施術が、エステでは受けることができます。

メニューの内容はエステサロンによって異なりますが、いずれにおいても美容のプロによる効果の高いケアを受けることが可能です。

さらにエステティシャンから、肌トラブルを解消するためのアドバイスを受けることもできます。

今まで、自分がしてきたスキンケアのやり方を見直したり、肌の状態を理解するきっかけにもなります。

肌のくすみやしみを確実に取り除くためにも、エステの美容施術を利用して、今後とも美しい肌をキープしていきたいものです。




お肌にくすみやしみができてしまう原因とは

スキンケアはしっかりしていたつもりでも、年齢と共に肌のしみやくすみが目に留まるようになったという人もいます。

若いうちに、肌がくすみがちだという人は、皮脂汚れが毛穴に詰まって黒ずんでいるせいで、肌の透明度が失われてしまったのかもしれません。

なぜ肌がくすんでいるかや、しみができるかは、何歳かでも差があります。若いころは、毎日のスキンケアで肌の白さを維持することは難しくないですが、見えない皮膚の奥の部分に、将来的にはしみになるものが形成されています。

これが時間をかけてだんだんとメラニンが集まり、皮膚の表面に目立ってくるようになるわけですが、だいたい30代の頃と言われています。

お肌が日焼けして、その時にできたメラニン色素がしみやくすみになることもあります。

日焼けどめクリームを塗って、皮膚に紫外線が到達しようないように普段から気を使うことが、しみやくすみ対策の基本だと言えます。

肌に汚れが残っているとしみやくすみの原因になりますので、帰宅したら毛穴の中の汚れまで洗い落としましょう。

くすみのケアについては、日々の洗顔を正しくしていれば目立たなくなりますが、しみはその他の方法が必要です。

一度できてしまったしみは解消が難しく、美白化粧水や美白クリームをつけても、そう簡単には白い肌に戻れないことが少なくありません。

人によっては効果がある場合もあるので、特に変化がみられない場合も少なからずあります。

毎日スキンケアをしていても、しみやくすみが薄くならない人は、美容皮膚科のしみ取りレーザーを利用するという選択肢もあります。




スキンケアだけでないしみやくすみの解消方法

お肌のシミは一旦できてしまうとなかなか取れないものであり、少し薄くなってきたなと感じても別の場所に出来てしまうこともあります。

しみやくすみは、できる要因を断ち切ることができなければ、何度でもあたらしいものができてしまいます。

肌トラブルを改善する方法として、血液の巡りを良くして肌の回復力を高めるというものがあります。

血流が良くなると、血液によって栄養が色々なところに行き届くようになりますので、細胞の働きが活発になります。

細胞の活性化によって、お肌のターンオーバーが正常になり、健康な肌を保つことができます。

古い皮膚がなくなり、新しい皮膚が出てくるターンオーバーがあれば、いつまでもしみのある皮膚が残っているという心配はなくなります。

血液は身体の色々なところにたまっている不要物を掃除する役割をもっており、しみの原因のメラニンも血液によって排出されます。

血流が滞ったためにしみやくすみの原因であるメラニンが、肌細胞にいつまでも残るようになるわけです。

しみやくすみの対策を入念に行うことが、白くみずみずしい肌を保つためには大切になります。

食事は抗酸化作用のあるものを意識して食べ、日焼け止めクリームは正しく使い、スキンケアでは美白成分を利用するなどの工夫が必要です。

普段の生活の中で欠かさず取組むことが、しみやくすみの目立たない肌作りには大切なことです。

規則正しい生活を送り、健康にいいものを食べて、ストレスを溜め込まないことが、代謝のいいしみのない肌をつくる基板になります。