【フォトフェイシャル】にきび跡に効果的なケアと治療 おすすめ美容医療!

シェアする

フォトフェイシャル

にきび跡の赤みにはフォトフェイシャルによるケアが効果的

同じ場所に何度もにきびができたり、悪化したにきびを潰してしまうと、にきび跡になることがあります。

にきび跡ができてしまうとセルフケアでは改善が難しいケースがあります。

セルフケアで改善しない場合は、医療機関に相談をしてみるとよいでしょう。

にきび跡を目立たなくするためには、美容皮膚科などで受けられるフォトフェイシャルがお勧めです。

IPLという光を皮膚に当てることで、肌の本来の治癒力を高め、にきび跡の解消をする方法がフォトフェイシャルです。

メラニン色素に作用してシミを分解したり、ヘモグロビンを排出して赤ら顔を解消するという効果が、フォトフェイシャルには期待できます。

症状を改善したい部分にIPlの光を当てることによって、美肌作用を高めることが可能です。

にきび跡の赤みは、毛細血管が拡張することによるものです。

にきびによって炎症を起こした肌の部位を修復するために毛細血管が集まってくるのです。

毛細血管が密集して、その中を血液が流れるようになると、肌の赤みとして見えるようになります。

炎症も治まり、毛細血管が不要になれば、フォトフェイシャルなどで元の状態に戻しても問題ありません。

コラーゲンの生成を促して肌のたるみを改善し、輪郭腺を引き締める作用もフォトフェイシャルにはあるとも言われており、人気のある美容施術です。




にきび跡には美容医療のフォトフェイシャルがおすすめ

にきびがあった場所が、今でもにきび跡になっていることを気に病んでいるという人は、少なくありません。

美容系のクリニックで受けられるフォトフェイシャルは、にきび跡をなくしたいという方に適した施術です。

フォトフェイシャルは、IPLという専用の光を照射することで、肌をきれいにします。

医療系の光は、エステで受けることができる光を用いた美容施術よりも、出力が大きいため、効果も実感しやすいものです。

フォトフェイシャルを受けると、にきび跡の赤みだけでなく、シミやそばかす、くすみの改善も期待できます。

にきび跡のような肌トラブルは、炎症などの刺激によって肌の奥の細胞がダメージを受け、メラニン色素を生成することで起きます。

IPLの光は、しみやくすみの元になるメラニン色素を体外に排出することで、肌の白さを維持してくれます。

傷ついた皮膚を排出するために、新しい細胞をつくる作用を助ける機能がフォトフェイシャルにはあります。

にきび跡をきれいにするだけでなく、肌の健康状態の改善にも効果を発揮します。

ハリがある、みずみずしい肌でいるためには、フォトフェイシャルによってコラーゲンをつくりやすい肌になることが大事です。

フォトフェイシャルは複数回に渡って治療していくことにより、にきび跡をはじめとする肌トラブルは見違えるように改善されていきます。

にきび跡で困っているという人は、フォトフェイシャルを利用してみるといいでしょう。




消えないにきび跡が気になる人にはフォトフェイシャルによる治療を

にきびのあった場所に赤みが残ると、自然と薄れていくパターンもあれば、なかなか消えないことがあります。

にきび跡の赤みを解消する効果がある美容施術として、フォトフェイシャルがあります。

にきび跡の赤みの正体は、炎症によってつくられた毛細血管ですが、フォトフェイシャルはこれらの元の状態に戻します。

フォトフェイシャル初体験という人は、どんな効果があるのか気になるでしょうが、具体的にはどのようなことをするのでしょう。

フォトフェイシャルは、光を照射するものであり、メスで切開したりはしません。

痛みの感じ方は個人差がありますが、パチパチッという軽い意味があるようです。

一回のフォトフェイシャルで、にきび跡が薄れて、赤みがわからなくなったという人もいるようです。

想定では、フォトフェイシャルを5回くらい受けることで、にきび跡を消せます。

肌への負担が少なく、ダウンタイムがほとんどなくて、施術後の化粧もできることがフォトフェイシャルの利点です。

フォトフェイシャルを受けた後は紫外線への刺激に弱くなってしまうので、紫外線を浴びないようにしましょう。

にきびが化膿したり、ひどくなっている時は、フォトフェイシャルを受けることができないことがあります。

美容クリニックなどでフォトフェイシャルについて説明を受けて、利用すべきかどうかをきめるといいでしょう。