ウォーキングダイエットの効果やメリット 有酸素運動の方法

シェアする

ウォーキングでダイエットをするメリットと注意するべき点について

ダイエットの基本は、カロリー制限と共に、適度な運動であると考えている人は少なくありません。

けれども、どんな運動が適切か分からないという方や、運動に対する苦手意識が強いという方もいるでしょう。

そのような人にお勧めなのがウォーキングで、1日に30分するだけでも、かなりダイエット効果が得られます。

実際、ウォーキングのダイエット効果は半端ないもので、1日30分続けるだけで約1キロ体重が減るといわれています。

ハードな運動は身体を痛める原因になることもありますが、ウォーキングは関節にかかる荷重も少なく、無理のない運動ができます。

適度なウォーキングは気分転換やストレス発散の効果もあり、夜も寝つきがよくなります。

ダイエットや健康にいいことに取り組みたいけれど、何から手をつけていいかわからない人には、ウォーキングがお勧めです。

ウォーキングを午前に行うことで、脳の回転を促進する作用も期待できますので、時間のある人には適しています。

下半身に力を入れたウォーキングによって筋肉量が増加すれば基礎代謝がアップして、痩せやすくなるというメリットもあります。

ただし注意しておきたい点としては最低でも30分は歩くようにすることで、そうしないとダイエット効果は期待できません。

背を伸ばし、広めの歩幅で歩くことを意識しながら、正しいウォーキングをすることが大事です。

継続することが何よりも大切です。

毎日のウォーキングが習慣になれば、徐々に体脂肪が減っていき、ダイエット効果が得られます。




有酸素運動のウォーキングにはダイエット効果を上げるためにできること

ダイエットの定番と言えば、有酸素運動を続けるやり方というイメージがあります。

ウォーキングは、年齢や性別に関係なく、自分にあった運動量で続けることができるので、大勢の人が実行しています。

ウォーキングによるダイエットを続けている人は大勢いますが、痩せることはできるのでしょうか。

短い期間で一気に痩せたいという人は、ウォーキングダイエットは適していません。

足を動かす運動は代謝をアップさせて排出しやすい体作りには効果的かも知れません、しかし、元々全く運動していない人以外は体重が落ちるようなことはあまりないのです。

身体にある程度の筋肉があって、脂肪をエネルギーに変換しやすい状態でなければ、ウォーキングをしても脂肪は燃えません。

筋肉を温め、血液が巡りやすくするためには、無酸素運動を行う必要があります。

ダイエットのためにウォーキングを行う場合、20分以上の連続した運動がいいとされているのは、体を温めるまで時間がかかるためです。

ウォーキングによる脂肪燃焼効果をより高くするためには、軽く無酸素運動をしておいて、筋肉を温め、代謝のいい体をつくっておくことが肝心です。

無酸素運動は筋トレやウエイトトレーニングのような筋肉を使う運動ですが、体が疲れきるまでする必要はなく、数分の筋トレでも十分です。

まず自宅で筋トレをして体が温まってから、ウォーキングに行くとよりダイエット効果が上がります。




ウォーキングによるダイエットこそ試してみたい方法のひとつ

,体重を減らすための方法はいっぱいあり過ぎて、困ってしまうという人もいます。

そのどれもに説得力がある一方、本当に効果があるのか疑問に思う方法も少なからずあります。

様々なダイエットにチャレンジしたもの、挫折続きだという方は、ウォーキングが適しています。人間の身体は複雑そうに見えながらも、実は非常にシンプルな構造になっています。

健康な身体なら、体重増加の背景にあるものは、食べ過ぎか、運動量の不足かです。

と言うことは、ダイエットをしたいのであればその正反対のことを行えば良いということになります。

極端な食事制限やハード過ぎる運動は体によくないですが、ほどほどの食事制限とほどほどの運動は身体に有益です。

運動と言ってもハードなことをする必要はなく、手軽にできるウォーキングでもダイエット効果はあります。

体力が落ちている人や、運動能力が高くない人でも、ウォーキングなら無理なく続けられます。

心臓や膝などの関節にも負担をかけずに済み、安心して続けることが出来ます。

スピードアップを意識せずとも、ウォーキングで消費するカロリーは、距離のほうに依存しているといいます。

ゆっくりでも良いので長めの距離をウォーキングする方が、ダイエット効果はアップします。