表情筋を鍛えて憧れのスッキリ小顔になるダイエット!

シェアする

小顔効果のある表情筋を鍛えるダイエット方法

朝起きると顔がむくんで見えたり、顎のラインが気になることはありませんか。

体重を減らして小顔になろうとする人もいますが、痩せても顔は小さくならないこともあります。

まずは、顔が大きく見える原因と小顔ダイエットの方法について理解しておくことが大切です。顔が大きく見える原因として考えられるのは、頬や顎に脂肪がついていること、表情筋のたるみ、頬のむくみなどです。

小顔ダイエットでは、これらの要素を改善することが大切になります。

フェイスマッサージや、表情筋のエクササイズ、飲酒量を少なくしたり、塩分を控えることが小顔対策に効果的です。表情筋の筋トレとしておすすめなのは、舌回しダイエットや風船ダイエットと呼ばれる方法です。

頬の内側を舌で捺すようにして、舌を回す運動は、表情筋の強化にもなります。

風船ダイエットは、風船を膨らませるだけでは効果がなく、大切なのは呼吸の方法を意識することです。

お腹の膨らみや凹みを意識しながら行う腹式呼吸ですが、これは有酸素運動になるため、小顔になるだけではなく、全身のダイエットにも効果があります。

手間のかかることはする気がないという人は、日々の食事を摂るときに噛む回数を増やすだけでも顔の運動になります。

ダイエットによって小顔になりたいと考えている人は、無理なく続けられそうな方法を実践してみるといいでしょう。




小顔ダイエットでスッキリした印象になる方法

全身のシェイプアップも関心はあるけれど、頬のたるみや、顎のふくらみを何とかしたいと思っている人は少なくありません。

小顔効果のあるダイエットを実践することで、スッキリとした印象になるでしょう。顔に脂肪が蓄積しているために、小顔になれないという人は、話したり、他人とやり取りをすることに苦手意識がある場合があります。

他人とのやり取りをする機会が少ないと、表情筋を動かす機会が少なくなって、顔の筋肉が弱まるきっかけになります。

口の形を意識しながら声を出すことで、普段の生活ではあまり動かさない部分の表情筋に刺激を与える方法です。

実際には、イとウをしっかりと発声して、口のまわりの筋肉が動いていることをチェックします。

イとウの音は表情筋を引っぱったり、縮めたりするために使いますので、継続して実践することで小顔効果につながります。

顔のむくみが原因で頬が膨らんでいるように見える場合には、アルコールや水分の取り過ぎが原因であることが考えられます。

飲みすぎ、食べ過ぎによって顔がむくんでいる人は、小顔のためにも、健康増進のためにも、一度食事内容をチェックしてみましょう。

血流や、リンパの流れがよくない場合は、マッサージを施すという方法も存在しています。

とくにリンパの滞りは放置していると、脂肪にも変わる可能性もあるため注意が必要です。

小顔を手に入れるためのダイエットは毎日の生活の中に簡単に取り入れることのできる方法ばかりなので、すぐにでも実践してみましょう。




憧れの小顔になるためのダイエットについて

多くの女性が、美に関心を持っています。

美しい容姿になるためには小顔になればいいという考え方から、小顔ダイエットをする女性がいます。

小顔に憧れはするけれど、美容外科で手術を受けるくらいしないと顔の形は変わらないだろうと思っている方もいます。

しかし、顔の整形をするようなことをしなくても、ダイエットをすればある程度の小顔は手に入れることが出来ます。

少しでも小顔になりたいという人は、ダイエットに取り組んで顔の皮下脂肪を減らすといいでしょう。

小顔ダイエットによって脂肪燃焼効果が得られれば、キュッと引き締まった小顔になることができるようになります。

顔面には、皮膚を支えるための筋肉があります。

小顔ダイエットではまずこの筋肉を鍛えます。

顔面筋肉とも呼ばれる表情筋は、表情を動かす筋肉群の総称です。

表情筋を使ったエクササイズを習慣にすることで、顔の脂肪が燃えやすくなり、輪郭が引き締まって小顔になります。

顔の筋肉の鍛え方は、口を真一文字に横に引っ張ることを意識しながら、イーッと声を出す運動です。

口を縮めて、Uの音を出す動作を組み合わせることで、より表情筋を動かす幅を大きくすることができます。

専用の器具なども使わなくていいですし、思い立ったらどこででもできるやり方ですので、毎日決まった数ずつを行いましょう。

継続して実践しているうちに、徐々に表情筋が動かしやすくなり、脂肪が燃えて小顔効果が得られます。