高須克弥 癌の原因、治療する病院はどこ?

シェアする

ツイッターのつぶやきで保守の論客として有名は高須クリニックの院長の高須克弥さん(74)が癌の手術をされるそうです。

最初に癌がみつかったのは2015年頃。

2018年に全身癌であるにも関わらず精力的に女優業をされてる樹木希林さんに感銘を受け、癌であることを公表。

そして、今もなお精力的に医師として活動され、ツイッターでも保守寄りの政治的なツイートをバンバンされて。まったく病気を感じさせない高須克弥さんですが、ネットで高須克弥さんの癌について検索して調べていたら、「癌の原因」「治療する病院」について関心のある検索ユーザーが多くいました。




高須克弥さんの癌の原因は?

高須克弥さんの癌の原因を調べる方が多いのも、おそらく医師であるのに高須克弥さんが癌を患ったことに対しての疑問からでしょうね。

一般的に癌の原因とされるもの

タバコ(喫煙)、食生活、持続感染(ウイルスや、ピロリ菌をはじめとする細菌)、など

です。

それとストレスの自覚が高い人など癌になるリスクも高いとされます。

以前何かの記事で読んだのですが、患者に癌を宣告する側の医師自身が癌で亡くなられることが多いようです。

医師は多忙ですし、病人を相手にされるわけなのでストレスも多いはず。

傍から見て、いくら資産家で贅沢に悠々自適に生活してるように見える高須克弥さんにしても、今でも病院で回診されてるそうなのでストレスも多いかと思われます。

しかしながらいつもストレスに縁のないような健康な方が、ある日から体調を崩して病院に行ったら癌がみつかった、みたいなこともあるので一概には言えませんよね。

ストレスって避けて通れないですし、現代人の食生活の偏りなども含めて、誰でも癌になるリスクはあるわけですから、癌の原因って複合的なものなのだと思われます。

高須克弥さんは腎臓・尿管・膀胱が癌に侵されているそうです。

場所的に癌になった原因って特定しにくいような気がします。

喫煙者ならタバコが原因で肺癌、酒飲みなら酒が原因で胃癌とかわかりやすいのですけど。




高須克弥さんの治療する病院はどこ?

高須克弥さんは美容外科の高須クリニックの院長というイメージが強いですが、名古屋にある高須病院という総合病院の院長でもあります。

高須病院では癌治療もおこなっていて、高須克弥さんが自ら実験台になって高度な特殊治療を受けてるそうです。

自分の体を使って癌治療の研究し、特殊治療のデータなどを取ってるみたいですね。

癌治療を行ってる総合病院の院長が実験台になって活きたデータを取るってすごくないですか?

今後の高須病院の癌治療にも活かされるわけですし、医師としての魂を感じますね。

そういえば高須克弥さんって、美容整形でもご自分が実験台になって試されてるそうですよ。

これって有名な話ですよね。

整形される前の顔はこういう顔されてました。

高須克弥さん、整形されてなかったら今のようなカリスマ的な存在として扱われてなかったのでは?

ご自分の体を整形手術をしてるので、美容整形外科の医者としての信頼は一番でしょう。

日本の美容整形外科医の第一人者で、誰もが認める名実ともに日本でもトップの美容整形外科の院長ってなわけです。