トム・ペティが死去?死因は?心肺停止はガセネタ?名曲は?

シェアする

トム・ペティが心肺停止で発見される?

トム・ペティ 死去 死因は?

※追伸 死因は心臓発作

トム・ぺティさんが、お亡くなりになったようです。

死因は心臓発作のようです。

蘇生することなく2日に亡くなりました。

ご冥福をお祈りします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アメリカのロックミュージシャンのトム・ペティさん(67)が現在ヤバい状況らしい。

自宅で心肺停止状態で見つかったそでうです。

最初は死亡した、という情報が拡散されていたのですが、それは誤報だったようです。




現在は生命維持装置で存命している状況で、脳の機能が絶望的なようです。

そのため、病室には家族や牧師が集まり、家族の合意の元に、近いうちに生命維持装置は外されるとのこと。

つまり現在は脳死の状態みたいです。

早朝から入ってきた、アメリカのロックスターのよろしくないニュースに、目が覚めてしまいました。

昨日、アメリカでは銃の乱射で50人以上の人がお亡くなりになってます。

そんな絶望的な事件とリンクするように入ってきた、トム・ペティさんのニュースに、現在のアメリカの暗い影が見え隠れするようで、気持ちのいい朝ではありませんでした。




トム・ペティが死去?死因は?

最初に、トム・ペティさんの訃報が流れて、驚いたのですが、ロサンゼルス警察が誤報を出したことに既に、謝罪をしてます。

トム・ペティさんの現在は脳死状態で、生命維持位装置で存命している状況で間違いないでしょう。

ネット情報によれば、家族の同意の元で、生命維持装置が外されるとのことですから、近い将来に訃報の知らせとして、ニュースがあるかもしれませんね。

しかし、トムペティさんが心肺停止状態で発見された原因ってなんなんでしょうか?

ロック・ミュージシャンの多くが精神的に不安定な人も多く、アルコールやドラッグにおぼれる人って多いのも事実です。

過去、アルコール、ドラッグが原因で亡くなったロックミュージシャンは数知れず。

トム・ペティさんが、アルコール、ドラッグが原因で、死に直面してるのかは定かではありません。

ご本人の名誉のもあるので、この場では断言できません。

ロック・ミュージシャンの訃報とそれらが関係してることって多いですからね。

WIKIなど見ていても、2014年のアルバム「ヒプノティック・アイ」(全米1位)以降、目立った活動が見られない事から、その頃からすでに何かしら、心身に問題があったのかもしれませんね。

偉大なロックミュージシャンの多くががドラッグやアルコールで亡くなって行くことも多い中、トム・ペティさんの死因がアルコールやドラッグ出ない事を私は祈ってます。

一つのアメリカンロックの歴史が一つ閉じようとしてます。

やはり、寂しいですね。

一つの歴史が閉じても、トム・ペティさんの音楽にインスパイアされる若者が途絶えることはないわけで、トム・ペティさんは音楽の中で、これからも生き続けることになるわけですが。

それにしても、とても寂しいです。

トム・ペティの名曲は?

私的なトム・ペティの名曲ですが、これかな。

この曲が流行ったのは1985年です。

当時、日本ではMTVがとても流行っていて、この「Don’t Come Around Here No More」のプロモーションビデオが度々流れてました。

トム・ペティさんと言えば、乾いたサウンドのアメリカン・ロックの人というイメージが強いのですが、この曲はある意味、トム・ペティさんの新境地だったように思います。

元々がフォークロックのボブ・ディランのイメージに近いトム・ペティさんが、当時この曲をリリースした時は、ちょっとびっくりしましたね。

個人的な名曲ですみません。