真木よう子が東スポに抗議?ガリガリで激やせの理由はツイッターの土下座動画?

シェアする

真木よう子さんが東スポに抗議!

ツイッターで東スポの真木よう子さんに対する記事に対して、真木よう子さんは事実と違うと反論。

ことの発端は、真木よう子さんのツイッターです。

現在、主演を務める7月から放送が始まったフジテレビのドラマ、『セシルのもくろみ』ですが、このドラマの視聴率がおもわしくないようだ。

初回が5.1%だった視聴率が、回を重ねるたびに下降。

5話ではとうとう3%台の3.8%に突入。

17日放送分の6話でも3.7%とかなりヤバい状態に。

真木よう子さんも久しぶりの主演ドラマに気合が入っていただけに、ショックも大きいでしょう。

ツイッターの土下座動画

真木よう子さんの気合の入れようは、ドラマの放送開始前からツイッターでのドラマのアピールの土下座動画からもわかると思います。

真木よう子さん、土下座してますよね(笑)

真木よう子さん、こういうキャラクターでしたっけ?

ツイッターやり始めた人が、ツイッターの楽しさにはまってしまって度を越したことをしてしまう、あれでしょうか?

いずれにしても、ツイッターの土下座動画から真木よう子さんの、ドラマへの意気込みは伝わってきます。




さて、東スポで報じられた、真木よう子さんとフジテレビとのいざこざは本当の話でしょうか。

東スポが言うには、ツイッターで『視聴率3・8%。こんなに視聴率が低いから是非、ドラマを見てください』と真木よう子さんつぶやいたことから、問題になりフジテレビがビデオリサーチ社に謝罪に行った、とか、真木よう子さんの所属事務所にも厳重注意が入ったとか、真木よう子さんのツイートがえらく問題なったようです。

関係者の話では、

視聴率の数字は、ビデオリサーチが管理し契約会社だけに配布する“資産”でもある。それを何の断りもなく勝手に、視聴率データを個人のツイッターで公表してしまったから、マズい

とのことです。

しかし、ドラマの視聴率がすでに公開された後なら、問題ないと思うが、関係者の話では、

「視聴率を勝手に書き込んではいけない」

という業界のルールがあるようだ。

真木よう子さんはツイッターでの反論ではこのようにつぶやかれました。

此処で、皆様に質問です。
私は「視聴率がこんなに低いからドラマを観てください」
と、懇願したツイートは、ありますか??

私は私が犠牲になっても一向に構いませんがね、記事にするなら、ライターさん、お名前をきちんと表示して下さい

真木よう子さんのツイッターにも「視聴率がこんなに低いからドラマを観てください」というつぶやきはありません。

真木よう子さんがすでにツイートを削除したのか、もしくは東スポが捏造記事を書いてしまったのか・・・・。

真木よう子さんの反論から察するに、東スポの記事もちょっと怪しそうですね。

今後、この問題がどのように発展するのか、気になるところです。




真木よう子のガリガリで激やせの理由は?

真木よう子さんの最近の激やせぶりが、ネットで話題になってます。

ドラマの『セシルのもくろみ』の番組の宣伝でバラエティ番組に出演した真木よう子さんのガリガリの激やせっぷりに、驚いた人も多かったとか。

病気では?

精神やんでるの?

など意見も多いようです。

それも、そのはず。

以前はこうでした。

そりゃ、これだけ違ったら心配されるファンも多いでしょうね。

理由は?

さて、真木よう子さんの激やせの理由はなんでしょう?

今回主演のドラマ『セシルのもくろみ』は2年ぶりの主演ドラマです。

2年ぶりの主演とあって、気合入れてダイエットに励んだのかも。

女優さんはストイックな性格な方が多いので、その意気込みが体形に反映しますよね。

真木よう子さんが『セシルのもくろみ』の主演への思いってかなり強いような気もします。

ツイッターでの土下座動画からも、ドラマへの意気込みが伝わってきますし、東スポの記事に噛みついたのもドラマへの思いからだとおもうのです。

真木よう子さんは、2008年11月に元俳優の片山怜雄さんと結婚。

2009年に女児を主産してます。

2015年9月には片山怜雄さんと離婚。

現在、子供さんは8歳。

母親でもある真木よう子さん、子供の面倒と家事と女優では大変だと思います。

真木よう子さんの激やせの理由として、もう一つ考えられるのは、女優業と家のことで忙しくて、激やせした可能性もありますね。

離婚後初めての主演のドラマが『セシルのもくろみ』のようですし、ドラマの撮影がはじまったら、寝る暇もないくらい忙しいでしょう。

でも、最近の真木よう子さんは、あまりにもガリガリだったので、病気説が浮上してもおかしくないですよね。