小林麻央 高熱が続いていた?末期癌による症状?輸血の副作用?理由は?

シェアする

小林麻央さん、連日、高熱の症状があった

小林麻央さんが、ブログを更新。

先日病状が悪化して、再入院をされました。

入院されてから、十分な看護を受けられることからか、小林麻央さんもだいぶ余裕ができたのか、ブログの更新が増えてきましたね。

更新されたブログの内容ですが、ここ数日ずっと高熱が続いていたそうです。

39度台の熱が連日続いていて、そして昨日はようやく熱が平熱まで下がったそうです。

大変だったんですねぇ。

年明けに退院されてから、悪いながらも病状が安定してた小林麻央さんですが、4月に入ってから、病状が不安定に。

しこりが大きくなった、痛み止めを増量した、息苦しい、咳が止まらない、歩けなくなった、とブログで赤裸々にご自分の病状を綴っておられましたが・・・。

再入院後は、酸素吸入の管をしていたり、輸血をしたりと、以前より病状が思わしくないことがアップされた画像から推測できましたが・・・・

でも、発熱が下がってよかったですよね。

39度も熱があれば、かなりきついと思います。




高熱の原因、理由は?末期癌による症状?それとも輸血による副作用か?

小林麻央さんの発熱の原因ですが、考えられるのは、

・感染症

・輸血による熱

・腫瘍熱

このいずれかだと思われます。

「感染症」とはその名の通りウィルスの感染などによる発熱。

癌の患者の方々は免疫を落ちてきてるので、ウィルスに感染しやすいということがあげられます。

それと「輸血による熱」ですが、輸血すると発熱を伴うことがあるようです。

他人の血液なので、同じ血液型でも、やはり多少の合う合わないってあるのか、副作用で輸血直後から数日後に発熱が出るそうです。

それと末期癌の患者さんは、病状に発熱があるそうです。

こちらは「腫瘍熱」というそうです。

「腫瘍熱」は詳しいメカニズムがよくわかってないと、ネットで見ました。

癌患者の人の体内では日々、癌細胞と免疫細胞は戦ってます。

免疫細胞が活発になってるから、発熱が出るという情報もありましたが、本当のところどうなんでしょうか?

末期の癌患者の方の発熱の原因っていうのは、いくつか考えられるので、素人が判断できるものではないですよね。

いくつかの要因が複合して発熱が出てる場合もあるでしょうし。

いずれにしても、現在の小林麻央さんの発熱がおさまったことはいいことですね。

少しでも楽に過ごせるよう願うばかりです。

小林麻央さん、渡米して癌治療に?現在、計画中?

現在入院中の小林麻央さん。

4月に入ってから急に病状が悪化されました。

歩けなくなったこと、息苦しいこと、しこりが大きくなったこと、痛みが激しいことなど、4月に入ってから、ブログで病状の悪化を告白されてましたが、4月の末にとうとう再入院されました。

小林麻央さんの癌の進行状況はステージ4。

昨年の9月にブログを始めた時にすでに、肺と骨に癌が転移されてることを告白されてます。

それから半年ほどたった今では、癌もかなり進行していると思われます。

先日、ある週刊誌で、小林麻央さんが渡米し、癌治療を計画してるということが記事に書かれてました。

日本の医療は、アメリカより上だと思ってたのですが、最先端の癌治療ともなると、アメリカのほうがの日本より先を行ってるそうです。

小林麻央さんのこれからの治療も、日本では限界なのか?

現在、旦那の海老蔵さんが小林麻央さんの渡米治療の計画してるのだとか。

小林麻央さんが、4月の末に再入院されてから、海老蔵さんのブログで、麻央さんと今後の事を話あった、といった内容の記事を投稿してましたが、それはおそらく渡米治療のことだと思います。

ちょっと前の小林麻央さんのブログでも「素晴らしい先生との出会いに心を動かされました」と書かれてました。

この医師がアメリカと日本をまたにかけて、仕事をされている、癌治療で著名な日本人医師のようです。

すでに、医師とコンタクトを取ってるということは、渡米治療の計画も具体的になってるのかもしれませんね。




小林麻央が渡米治療 治療費は?計画中いつごろ可能か?

治療費は?

さて、アメリカで治療を受けるとなると、莫大な費用が掛かります。

なぜなら、アメリカの保険に加入していないからです。

治療費がそのまま請求されてしまうので、数千万円かかるわけです。

現在のアメリカでの癌の最先端治療の「カート治療」を受けるには、1回で5000万円かかるそうです。

アメリカの保険会社がステージ4の1人の癌患者に負担した年間の保険料は2000万円とのこと。

小林麻央さんが渡米治療を行うと、数千万円はかかるわけですね。

治療費だけでなく、滞在日だけでも数百万円かかるわけです。

かなりの費用がかかってしまうわけですが、海老蔵さんにしても、小林麻央さんにしても、ブログを日々更新する理由には、やっぱりブログからの広告収入を得るためだろうし、年間にして夫婦で数千万円は稼いでるでしょうね。

海老蔵さんと小林麻央さんのブログ収入で、だいぶ医療費は賄えるのでは?っておもってみたりします。

有名人は徳だなぁ、っておもいつつ、海老蔵さんは父親から引き継いだ数十億の借金もあるそうだし、たくさん稼いでも、借金だったり、歌舞伎役者としての支出も一般人とはケタ違いなわけで、いずれにしも大変なことは言うまでもないわけで。

しかし、海老蔵さんの小林麻央さんへの愛情が、伝ってきますよね。

いつ頃可能か?

小林麻央さんが、もしも渡米するのであれば、いつになるのでしょう?

できるだけ早いに越したことがないでしょうけど、主治医になるべく医師は、名医なのでなかなか順番が回ってこないこともあるだろうし、医師のスケジュールに合わせて、すでに渡米の予定が決まってるのかもしれませんね。

すでに医師に会ってるそうだから。

先海老蔵さんにしても、予定が決まっていても、ギリギリまで渡米のことは公表しないでしょうし。

医師のほうに取材が殺到して迷惑がかかりますものね。

小林麻央さん、今のところ、頑張って食事を取って、体力つけつつ渡米の日を待ってるのかもしれませんよね。

でも、末期癌ということもあって、そうそうゆっくりもしてられないとは思うのですが。