鶴ひろみの 死因は?若いころの画像 ドキンちゃん ドラゴンボールのブルマの声優

シェアする

声優の鶴ひとみさんが死亡、死因は?

首都高 死亡

ベテランの声優の鶴ひとみさん(57)が16日午後7時半頃、東京の首都高速上の車内で死亡していたことがわかりました。

首都高速上でハザードランプを付けたまま停車してる車の中で意識不明の状態で座っていたそうです。

病院に搬送されたが間もなく死亡。

事故の形跡はなく警察は病死と判断した。

死因は病死ということですが、詳しい情報は現在ありません。

ハザードランプを付けて停車していたこと考えると、首都高速上を運転中に体の変異に気が付いた鶴ひろみさんは車を停車して、後方から来る車の安全を確保して車を停車したのでしょうね。

現在、死因の詳しい情報がありませんが、突然の死の死因の多くが心臓に関係したものが多く、鶴ひとみさんの死因も心臓に関する病では?と思われます。

ファンの方は突然の死に驚いたでしょうね。

ツイッターでは騒然となってました。




アンパンマンのドキンちゃん、ドラゴンボールのブルマなどの声を担当

鶴ひとみさんの声優としてのお仕事で有名なところでは、アンパンマンのドキンちゃん、

ドラゴンボールのブルマ

などが有名です。

ウィキペディアで鶴ひとみさんの仕事を見ると、かなりの数のアニメの仕事をされてます。

「このキャラクターの声は鶴ひとみさんだったのかぁ」、というものがたくさんあります。

「きまぐれオレンジロード」の」鮎川まどかの声も鶴ひとみさんでした。




鶴ひとみさんの若いころの画像

ネットに鶴ひとみさんの若い頃の画像がありました。

髪型やファッションから80年代の後半から90年代の前半あたりの頃でしょうか。

40代、50代の人には懐かしいファッションかもね。

しかし、突然の訃報に驚いた人も多いはず。

声優さんって結構、年配になっても仕事を続ける人も多いので、ファンにしてみたらこういうことで、鶴ひとみさんのこれからの声が聞けなくなることは残念ですよね。

ご冥福をお祈りします。