本田真凛の祖父の会社の仕事は味噌の製造販売する京都の老舗だった!

シェアする

本田真凛の父の職業は?

これからウィンタースポーツの季節ですよね。

ウィンタースポーツと言えば、フィギュアスケート。

フィギュアスケートと言えば、本田真凛さん(16)。

本田真凛の祖父は京都の味噌製造

本田真凛さんは姉と兄、そして二人の妹がいます。

今の時代、珍しい5人兄妹。

そのうち、兄と本田真凛さん、二人の妹はフィギュアスケートしてます。

フィギュアスケートって、なかなか一般の方が入っていけるような世界ではなく、年間にして一人の選手に1千万円かかると言われてます。

コーチに支払うお金、衣装代、遠征費などなど。

一人に1千万円かかるということは、本田家には4人のフィギュアの選手いますので、少なくとも4千万円かかってるということになります。

以前から、ネットなどに書きこまれていた疑問に、「本田真凛の父親はなんの仕事をしとんねん?」という疑問があります。

本田真凛の父、竜一

実際に、それは明かされることなく謎だったわけです。

4人の子供に4千万かけられるって、よほどの金持ちでないと無理。

以前テレビで見たのですが、本田家には自宅でトレーニングするための施設があります。

住んでいる家もかなり大きな家。

本田真凛さんの父親の竜一さんの職業は今をもって詳しくは知られてませんが、つい先日、そのヒントになるような事実が発覚しました。

それは・・・・・




本田真凛の祖父の会社の仕事は京都の味噌製造販売の老舗だった!

先日、週刊誌に掲載された本田家の秘密に注目が集まりました。

それは、本田真凛さんの祖父の仕事が判明した。

本田真凛さんの祖父は本田茂俊さんといって、京都で味噌や醤油を製造する老舗の経営者だそうです。

本田真凛の祖父、本田茂俊

会社を4っつ経営してるそうだ。

本田真凛さんの祖父が経営してる会社の概要はこちら↓

社名株式会社     本田味噌本店

創業         天保元年(1830年)

設立         昭和25年7月

資本金        1,500万円

代表者        代表取締役社長  本田茂俊

本社所在地      〒602-0904 京都市上京区室町通一条上ル小島町558

電話         075-441-1121 (代)

FAX          075-431-4110

電話        (受注専用)0120-54-4130

FAX         (受注専用)075-441-1190

従業員数       83名 (関連会社含む)

事業内容       味噌製造販売ソース、醤油、調味料の販売

事業所        綾部工場

直営店        京都高島屋店、JR京都伊勢丹店、大丸京都店

関係会社       株式会社西京味噌

※ 出展:本田味噌本店 http://www.honda-miso.co.jp/index.html

なんと年商20億の会社の社長でした。

すごいですよね。




会社の概要にも書かれてますが、大手の百貨店にも直営店を構えるほどだから、かなり立派な会社の社長さんでした。

おそらく本田真凛さんの父の竜一さんも、祖父の会社の関連会社の社長なのかもしれませんよね。

本田家は子供の教育に熱心で、子供に7つも8つも習い事をさせてることで有名でした。

一人の子供にたくさんの習いごとをさせるだけでも、かなりのお金がかかります。

その中にフィギュアスケートもあるのですから、年間に子供にかける習い事の費用だけでも・・・・・・。

それだけでなく、子供たちの習い事の送迎、フィギュアスケートの試合になると夫婦で応援にかけつけるなど、子供たちに習い事に翻弄。

普通のサラリーマンだったらまずできない生活です。

本田真凛さんの父親の仕事は、祖父の関連会社に関わってるのかも。

これだけ子供にお金をかけていて、それでいて子供たちのフィギュアのためのトレーニング施設のある大きな家に住めるって、かなりのお金持ちです。

世界で活躍されるフィギュアスケートの選手が、どんどん活躍されて、小さな子供たちに夢を与えるのは、とても素晴らしいことですが、親に財力がないとなかなかフィギュアスケートを習わせることもできません(笑)

もしも子供に「おとうちゃん、フィギュアスケートを習いたい」って言われても、鼻で笑って、「アホ言うな。スマホ買ったるさかい、それで堪忍して」としか言いようがありませんよね。

薄い給料の一般人なら、思いっきり背伸びしてその程度のことしかしてあげられません。

悲しいかな・・・・・。