旺季志ずかの年齢や本名、アムウェイとの繋がりは?

シェアする

脚本家の「旺季志ずか」さんが今、話題みたいです。

わたくし、旺季志ずかさんのことはあまりよく知らないのですが、ドラマ、映画の脚本を書いたり、自己啓発の本を執筆されてる方です。

wikiには

「高層ビルガラス清掃から銀座ホステスまで50種類の職業を経験し、ド貧乏、シングルマザー、イジメ不登校、共依存、恋愛依存、熟年結婚、ステップファミリーなど、あらゆるテーマを実体験からつづれるのが強み。」

と、他の脚本家にない、過去をお持ちのようですが・・・。

旺季志ずかさんの代表的なドラマの仕事は

・特命係長 只野仁

・Wの悲劇

・カラマーゾフの兄弟

・佐賀のがばいばあちゃん

・トイレの神様

などなど。

脚本家としても知られてますが、一部の起業を夢見る人の間では自己啓発の人として、よく知られてるみたいです。

起業される人達って自己啓発が好きですよね。

ツイッターのタイムラインにもその手のタイムラインをよく見かけますよね。

旺季志ずかさんは実際に、セミナーとか講演もよくされてるようです。




旺季志ずかの年齢や本名

さて、気になるのが、旺季志ずかさんの年齢ですが、旺季志ずかさん、年齢は一切公表されてません。

今はピンクの色の頭をしてますが、この風貌になったのは今年に入ってからだそうです。

頭だけ見ると若いですが、年齢は50代の半ばくらいでしょうか。

昨年までの旺季志ずかさんはこういう感じでした。

なんだか普通ですね(笑)

なんで髪の毛がピンクになったかは不明。

おそらく何か突き抜けたかったのなか?

自己啓発の一環でしょうか。

それと「旺季志ずか」って本名なのか調べてみましたが、どうやら本名は公表されてません。

「旺季志ずか」って本名ではないと思います。

ペンネームだと思います。

しかし、とあるサイトに旺季志ずかさんの本名の情報が書かれてました。

本名は笠原静さんというらしい。

色々と謎の多い女性ですが、出身は徳島県阿南市とのこと。




旺季志ずか アムウェイとの繋がりは?

旺季志ずかさんをネット検索するとアムウェイとのつながりを指摘するサイトがたくさん検索されます。

アムウェイって、アメリカの家庭日用品等を連鎖販売取引で販売する企業です。

日本では、あまりいいイメージはなくて「ネズミ講」って言われたりしてますよね。

私も20年以上も前の学生の頃、同級生がアムウェイをやっていて、しつこく商品の説明を聞かさ記憶があります。

私はアムウェイにはあまり良いイメージも持ってません。

アムウェイに対して、あまり良いイメージを持っていない人って、他に結構いますよね。

なんしかしつこかった。

「久しぶりに会おうよ」みたいに、同級生から普通に電話がかかってきて、待ち合わせの場所に行くと、知らない人も一緒にいて、なぜか世間話もそこそこに、洗剤の説明を始めてましたね(笑)

まぁ、私のアムウェイの感想は置いといて、旺季志ずかさんがアムウェイとの関係を指摘されるきっかけは、自己啓発の本やセミナーで有名な「山崎拓巳」と言う人と20年以上の長い付き合いというところからだと思います。

ネットにもツーショットの画像がいくつかあります。

この「山崎拓巳」という人は今では自己啓発のセミナーや本で有名ですが、山崎拓巳氏はアムウェイでも伝説の人のようです。

山崎拓巳氏がアムウェイを始めたのは大学生の時。

20歳の時には既にアムウェイで、ほとんどのランクを最年少で取得するという強者だったそうな。

大学生の時には年収1500万円を超えてたいたとか。

すごいですよね。

こういうアムウェイの伝説的な人物と古くから親しいというのは、旺季志ずかさんも、過去にアムウェイをやっていたのかもしれませんよね。

「高層ビルガラス清掃から銀座ホステスまで50種類の職業を経験し、ド貧乏、シングルマザー」という経歴の持ち主の旺季志ずかさんですから、その苦しい生活から抜け出るために、アムウェイと繋がったのかも。

脚本の世界で成功した人だし、成功者って何やってもそこそこの成果を出せる人多いですよね。

旺季志ずかさんもアムウェイでたくさん稼いだのかもしれませんね(笑)

旺季志ずかさんも本を書かれますし、山崎拓巳氏も本を書きますから、互いに通じ合うものがあったのかも。

山崎拓巳氏のサイトです。→http://www.taku.gr.jp/

旺季志ずかさんのブログです。→https://ameblo.jp/rila214/

お二人とも、超ポジティブとでもいいましょうか。

ビジネスマインドとでもいうんですかね?

成功者に見られるマインドを持ってますよね。

こういう考え方を身につけることが、成功への近道なのかもしれませんよね。

実際に、旺季志ずかさんも山崎拓巳氏も成功者のマインドが根付いてますよね。

胡散臭いところもありますが、信じる者は救われるのかもしれませんよね。

アムウェイって日本ではあまり良いイメージがありませんが、渋谷に自社ビルを構えるくらいの大きな企業に成長しましたが、90年代には4年連続1000件以上もの苦情があったことを国民生活センターが公表。

特に法律に触れるようなことをやってるわけではないみたいですが、過去に黒歴史から今でも世間一般から良いイメージを持たれていないのは確かなようですね。