トランプがビッグ・ウィークとツイッターで宣戦布告?アメリカの先制攻撃の爆撃が数日中か?

シェアする

トランプがBig week(ビッグ・ウィーク)と戦線布告?

さて、ドナルド・トランプ大統領が5日の午後にこのようなツイートをしました。

Big week coming up!

このビッグウィークってなに?と思って調べたら、

な、な、な、なんと、1944年の2月19日 – 25日にドイツに対するアメリカ第8空軍などによる大規模な爆撃作戦のことを指すけです。

第二次世界大戦中にアメリカ(連合軍)がおこなったドイツへの爆撃のことです。

トランプが、

Big week coming up!

と、ツイッターで宣戦布告?ともとれるツイートをした?

トランプさん・・・・・・

これって本当だったらアメリカ独自で北朝鮮に空爆するんだろうか?

それか、アメリカだけでなく、同盟国のイギリスも参加?

先日、来日しましたよね?メイ首相。

アメリカが攻撃を仕掛けるとなると、当然日本もアメリカの後方支援するはずだし、イギリスとは準同盟国でしたよね。




先ほど、このようなニュースが飛び込んできました、

トランプ大統領と韓国の、文在寅大統領が電話会談を行った。

韓国軍の弾道ミサイルに装着する弾頭の重量制限を解除することで合意した。
これまでは、射程800kmのミサイルの場合、弾頭の重さが500kgを超えないなどの制限があったが、これをなくすことで、韓国軍の攻撃能力を高める

ということが、アメリカと韓国との間で決まったそうです。

これって、韓国側からも大規模な攻撃をしかける気なんでしょうか?

国家戦略のプロフェッショナルの参議院議員の青山繁晴氏は、ネットテレビで北朝鮮への攻撃は重要施設へのピンポイント攻撃は、もうできないと言っていた。

なぜなら、どこにどのような軍事施設があるのか把握し切れてないこともあり飽和攻撃しかないとのこと。

飽和攻撃とは、つまり、攻撃目標のもつ防御のための処理能力の限界を超えた時間当たりの量で攻撃すること。

雨あられのようにミサイル攻撃をアメリカは行うと、青山繁晴氏は推測してました。

トランプという人は何をしでかすかわからないですし、本当にツイッターで戦線布告しそうですよね。

アメリカの先制攻撃って数日中に、ありそうです。




アメリカの先制攻撃が空爆が数日中!

さて、トランプが「Big week coming up!」とつぶやきましたが、いつ先制攻撃をするのでしょうか。

アメリカも散々、北朝鮮には舐められましたし、アメリカはなんども北朝鮮に騙されてます。

過去に核開発をやめる、と言っておきながら、その後も核開発を続け、おまけにICBMまで作ってしまった。

そして水爆実験も、核弾頭の小型化も成功させてしまった。

アメリカにとっては、アメリカ本土に届く核兵器を北朝鮮が保有してしまうとやっかいなので、早いところ、北朝鮮を叩きたいのが本音だろう。

しかし、韓国、日本の同盟国に甚大な被害が出ることを想定すると、確実に北朝鮮の攻撃は遂行しないといけないわけです。

アメリカが今まで攻撃に踏み切らなかったのも、確実に北朝鮮を潰すための準備をしていたのかも。

それだけでなくロシア、中国とも話をつけないといけないし。

Big week coming up!

「準備が整った。」

そういう意味なのかもしれない。

やはりアメリカの先制攻撃は9月9日の北朝鮮の建国記念日かも。

日頃、地下に隠れてる金正恩もこの日ばかりは、国民の前に姿を現すかもしれない。

今まで北朝鮮に舐められてきたアメリカですが、金正恩を屈辱的に潰すには、やはり建国記念日に先制攻撃することが一番屈辱的かもしれません。

現在、北朝鮮は次の核実験の準備もすでに整ってるらしい。

そして、ミサイル発射の準備も行ってるとのこと。

すでに先日の核実験でレッドラインは超えてます。

いつ、アメリカが北朝鮮を攻撃してもおかしくありません。

今週中には何かあるかもね。