石原裕次郎の死因は梅毒?肝癌?大動脈解離?何歳でなくなった?

シェアする

石原裕次郎さんの死因は?何歳で亡くなった?

昭和の大スター、石原裕次郎さん。

今見ても渋いですよね。

石原裕次郎さんがお亡くなりになったのは1987年の7月17日です。

享年、52歳。

52歳でなくなった、石原裕次郎さんですが、昔の写真を見ると妙に貫禄があって、実際の年齢よりは10歳ほど年上に見えますね。

今の時代の52歳って若い人多いし、石原裕次郎さんが醸し出していた、この貫禄ってなんなんでしょうかね?

若くして石原プロモーションを設立して、若い威勢のいい俳優さんを抱えていたことから、若くしてあれだけの貫禄があったのでしょうね。

さて、52歳という若さでなくなった石原裕次郎さんですが、一般的に死因は解離性大動脈瘤とも言われてますが、肝癌とか悪性の梅毒だとか、いろんな説があります。




石原裕次郎の死因は梅毒?

石原裕次郎さんの死因が悪性の梅毒であったという説がネットで出回ってます。

マスコミなどで過去にそのような報道がありませんでしたが、石原裕次郎さんの死因が悪性の梅毒だった、という説はどこから来てるのでしょうか。

ネットでしらべたら、こちらに行きつきました。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1323493623?__ysp=55%2Bz5Y6f6KOV5qyh6YOOIOaiheavkg%3D%3D

石原裕次郎さんが、当時入院していた慶應義塾大学病院での入院患者の間では、石原裕次郎さんが悪性の外国性の梅毒だったことが有名だったとのこと。

梅毒が直接の死因だったかどうかは不明。

しかし、石原裕次郎さんは遊び人で有名だったし、なんらかの感染症を患っていてもなんら不思議でないですよね。

よくハワイにも行かれていたようですし。

梅毒というとイメージが悪いので、伏せられているのかもしれませんが、お亡くなりになった今では、噂の範疇になってしまいましたけど。

昭和の大スターで、遊び人であるところも、多くの男性の裕次郎ファンの憧れであったわけですし、梅毒に感染していたことが事実であっても、石原裕次郎は石原裕次郎ですよね。




大動脈解離?

石原裕次郎さんの死因が、ネットでは大動脈解離という説もあります。

wikiには

1981年4月 – 『西部警察』のロケ撮影中、背中と胸に激痛が走り慶應義塾大学病院に緊急入院。当初椎間板ヘルニアと疑われたが、その後解離性大動脈瘤と診断され(後に右耳が難聴となる)大手術を決行。生還率3%と言われたが、手術後、奇跡的な回復を遂げ無事退院(見舞い客は1万2,000人、手紙5,000通、花束2,000束、千羽鶴1,000束、さらには石原の車のボディーにも励ましのメッセージを書く人もあった)。退院後も首、腰の痛み、発熱が続いた。

と書かれてました。

大動脈解離と解離性大動脈瘤とは別の病気だそうです。

石原裕次郎さんが患ったのは解離性大動脈瘤が正しいようです。

肝癌?

1981年は解離性大動脈瘤と診断され、その後腰痛と発熱に苦しんだ石原裕次郎さんですが、1984年に肝臓癌が発覚し原因不明の発熱が続いたそうです。

原因不明の発熱って、解離性大動脈瘤となんらかの因果関係があるでしょうか?

石原裕次郎さんに肝癌が発覚したが、親族は石原裕次郎さんには告知していなかったそうです。

その後、ハワイで静養などされていた石原裕次郎さんですが、入退院を繰り返しつつ、ついには幻覚症状(肝性脳症)を起こし、1987年の7月17日に肝癌のため死亡されました。

ネットでは、石原裕次郎さんの死因が悪性の梅毒、大動脈解離、肝癌と死因に三つの説がありますが、それらが何らかの因果関係があるかは定かではありません。

しかし、梅毒が死因っていうのはちょっと首をかしげてしまいますね。

石原裕次郎さんが梅毒に感染していたって話は、古くからのファンにとって、その噂を耳にするのは、とてもつらいことでしょうし、死因は肝癌というのが、本当だと思われます。

石原裕次郎さんと言えば、やはりお酒とタバコというイメージが強いし、実際に酒とタバコをたくさん飲んだのだと思います。

肝癌になった原因も、お酒とタバコが原因なのでは?って思われます。

昭和という時代を象徴する破天荒に生きた、大スターらしい亡くなり方だったのではないでしょうか。

たくさんの人に看取られてお亡くなりになられたのだと思いますし、幸せな人生だったのかもしれませんね。

昭和に活躍されたスターでも山城新伍さんや松方弘樹さんのように、最後はひっそりとお亡くなりになられる方もおられるわけですし・・・・・。

でも、2度と石原裕次郎さんのような芸能人は出てこないでしょうね。

再び若い世代に再評価される日も来るのではないでしょうかね。