25日の通信障害の原因は?北朝鮮や中国のサイバーテロ?

シェアする

通信障害の原因は?

25日の正午から国内の各地で通信障害が発生してますよね。

OCNだけかと思いきや、LINE、メルカリにも接続しずらいという障害があったらしい。

鉄道のモバイルSuicaにも影響があったらしい。

現在は大方、復旧してるみたいですが。

今回の通信障害の原因はこれっぽいですね。

そして数時間後には原因が特定されてきました。




インターネットの通信パケットを正しい宛先(IPアドレス)へ転送するためにネットワーク事業者間で共有している経路制御(BGP:Border Gateway Protocol)の情報に、誤った経路の情報を流してしまったネットワーク事業者がいたことによるものとみられる。

OCNが相互接続している海外の大手ネットワーク事業者が、OCNのネットワークへ転送すべきIPアドレスに対し、本来は経由すべきではない自社のネットワークへ転送するよう指定してしまった模様だ。

つまり、グーグルさん?に何やら問題があった可能性です。

グーグル説がネットでは濃厚になってますが、具体的にはまだグーグルさん、声明を出してません。

そういえば、ここ最近、グーグルの検索順位がとても不安定だったことも、影響があるのかな?

しかし、今の時代、ネットがアウトになれば、社会が混乱してしまうんですね。

ツイッターで情報を収集していたら、「仕事にならねぇー」っていうツイートが多発。

ネットビジネス関係の人はネットがつながらないと仕事になりませんものね。

今でも、繋がりにくいサイトや接続が不安定なサイトがまだありますよね。

JR東日本のモバイルSuicaまで影響があったら、リアルに日常生活に困った人もいたのでは?




北朝鮮や中国のサイバーテロ?

私はてっきり、北朝鮮、もしくは中国のサイバーテロでは?って疑ってました。

ツイッターを見ていていても、北朝鮮のサイバーテロでは?と疑ってるネット民も多数。

私もその一人でしたけどね。

北朝鮮、中国のサイバーテロを疑うには理由がありまして・・・・・

みなさんすでに承知かと思いますが、現在朝鮮半島はとても不安定ですよね。

北朝鮮がたびたびミサイル発射実験を行い、日本やアメリカに軍事的な挑発を続けてます。

北朝鮮がミサイルの発射、核実験を行うときって、国の定例の記念行事がある日の前後に行われることがほとんどです。

で、今日25日は、金正日総書記が軍を重視する政治指導を始めた記念日の「先軍節」にあたります。

偶然にしても、こういう北朝鮮の記念日と重なってしまうと、どうしてもサイバーテロを疑ってしまいます。

現在アメリカは北朝鮮と取引のある中国企業に対して、独自制裁を行ってることから、北朝鮮にしてみたら、外貨が滞ってしまって、エライ問題になるわけです。

それと、中国のサイバーテロの疑いも考えられる要因には、24日に中国の爆撃機、6機が紀伊半島沖まで飛行した、という異常なニュースがありました。

中国軍の爆撃機が6機もが今までにない、経路で沖縄から、関西地方にかけて、日本列島に沿うように飛行したそうだ。

この中国軍の爆撃機の飛行に関しては、国際ルールに違反していないし、領空侵犯があったわけでもないので、あれですが、あきらかに軍事挑発、圧力ともとれる行動でもあるわけです。

中国はアメリカが北朝鮮を先制攻撃することがあれば軍事介入する声明を出してます。

それに、中国もアメリカから現在、経済制裁を受けてますよね。

まぁ、北朝鮮も中国もアメリカに対して腹の中に一物をもってるわけでして・・・。

北朝鮮や中国のアメリカに対するサイバー攻撃は日常的で有名ですしね。

24日の中国の爆撃機が紀伊半島沖に飛行したこと、そして、25日は北朝鮮の記念日の「先軍節」、そしてその両国はサイバー攻撃の常習犯。

そして現在の朝鮮半島に絡む世界情勢など考えると、サイバーテロという疑いがもたれても、おかしい状況ではありません。

数か月前にも、日本では大規模停電が各地で起こりましたよね。

あの時も、アメリカが北朝鮮を攻撃するのでは?という、きな臭い状況下でした。

不思議と、北朝鮮や中国の不穏な動向と、日本国内で起こるインフラ関係の障害ってリンクすることが多く、ちょっと気持ち悪いですね。。