神田うの 旦那のパチンコの会社が倒産、韓国人という噂ですが。

シェアする

今ではタレントというより実業家というイメージの神田うのさん(42)。

現在、旦那と別居中だとか。

2006年にパチンコチェーン店、不動産会社を経営する西村拓郎さんと結婚。

2011年に第一子の女児を出産。

現在の神田うのさんは、子育てに夢中だとか。

現在5歳の娘さんは有名バレエ教室やインターナショナルスクールに通わせ、バイオリンの英才教育も行ってるそうです。

先日、娘さんのバレエ発表会に夫婦で訪れたそうです。

しかし、発表会の家族で初食事を楽しんだあと、家族は同じ場所に帰ることなく、神田うのさんは娘さんと都内の実家へ、旦那の西村拓郎さんは高級タワーマンションに帰るそうです。

ここしばらくは、夫婦は別居生活を送ってるそうです。

別居生活を送ってるということなので、夫婦仲が悪いかというとそうでもないらしい。

娘さんのバレエの発表会では、何気に夫婦は腕を組んでいたりしたそうです。

なんでも神田うの夫妻は、ケンカしたり仲直りしたりの繰り返しだそうですよ。

旦那の西村拓郎さんも仕事で深夜に帰宅することも多く、神田うのさんもご実家で子育てするほうが、気が楽なのか現在は、ご実家に子供と移住されたそうです。




神田うの旦那のパチンコの会社が倒産?

さて、神田うのさんの旦那さんの西村拓郎さんは、日拓グループという会社の社長です。

主に東京都を中心に不動産開発(所有・賃貸・管理)、貸ビル業、パチンコ店(パチスロ専業店を含む)・ゲームセンターを展開している企業だそうです。

日拓というとパチンコ業界では有名ですよね。

街でよく見かけます。

西村拓郎さんは2代目での社長です。

元々は不動産開発企業として会社がはじまり、1973年の1月から11月の短い期間ですが、プロ野球球団(現・日本ハム)を買収し、オーナーだった期間があります。

1976年からパチンコ事業に参入。

昔の話とはいえ、プロ野球の球団を買収するくらいだから、かなり大きな会社のようですね。

ネットで調べると、神田うのさんの旦那さんの会社が倒産したいうようなキーワードが出現します。

ひょっとして、別居の原因は西村拓郎さんの会社が経営不振だからか?と思い調べてたら、倒産した事実はありません。

西村拓郎さんの会社が倒産したっていう噂は、どこから出てきたのでしょうかね?

過去に、神田うのさんと、西村拓郎さんの離婚の噂はよく浮上してましたし、離婚の噂が浮上するたびに、旦那さんの会社が倒産したのでは?とネットで検索する人が増えたのかもしれませんね。

そもそも、日拓グループという大企業が倒産したら、そりゃ新聞で大きく取り上げられるでしょうし、今のところそのような話は耳にしません。




旦那さんは韓国人という噂ですが。

さて、神田うのさんの旦那さんがパチンコチェーン店を経営してることから、神田うのさんの旦那が韓国人では?という噂がネットでささやかれてました。

パチンコ店を経営してる会社の多くは在日企業であることはよく知られてます。

しかし、神田うのさんの旦那さんは日本人だそうです。

日拓グループの創業者でもある西村拓郎さんのお父さんは、国家地方警察(当時)の警官として府中警察署などの勤務を経た後、不動産会社へ勤務。

そして、1965年(昭和40年)に日拓グループを創業。

創業者のお父さんが、元は警察官ということなので、韓国人説は間違いですね。

西村拓郎さんが日拓グループの社長に就任したのは2003年。

つまり西村拓郎さんのお父さんが一代で、日拓グループの土台を作ったことになるわけで、かなりやり手の実業家だったようです。

パチンコ事業に参入できたのも、元々警察官だったことから、パチンコ業界となんらかのパイプを持っていたのかもしれませんね。