ブリューゲル展の大阪 混雑を避けるには?チケットの買い方がコツ?

シェアする

ブリューゲルの「バベルの塔」大阪展 かなり混雑してます!!

現在国立国際美術館で開催されてる、「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて」ですが、かなりの評判です。

私も開催日から数日後の日曜日に美術館に訪れたのですが、かなりの混雑で断念。

だって、チケット売り場に行列ができてるの見たら、いやになりますよね(笑)

あれだけチケット売り場で人が並んでるのだから、当然、展示会場も混雑してるわけで、落ち着いて見れるわけありません(笑)

日曜日がダメなら平日に

で、日を改めて平日に行きました。

チケットは午前中だったので特に並ばず購入できました。

しかし、人気の企画展のブリューゲル大阪展ということと、時期的にお盆なので、やはり展示会場はそれなりに混雑してました。

ほんと、混雑してる美術館ってとても損した気持ちがします。

学生の夏休みシーズン、お盆休みシーズンはどこもいっぱいですね。




ブリューゲルの大阪展 混雑を避けるには?

さて、本題です。

ブリューゲルの大阪展をできるだけ混雑を避けるにはどうすればいいでしょうか?

簡単です。

9月以降に見ることです。

夏休みも終わってますし、忙しい会社員達の遅いお盆休みも終わってるころだと思います。

ブリューゲル大阪展は「2017年7月18日(火)―10月15日(日)」まで開催されてます。

まだまだ時間があるので焦らなくても見れますよね(笑)

どうしても、8月中に見たい方は、金曜日・土曜日は21:00までやってます。

金曜日の夜なんかは比較的、混雑を免れるかもしれませんね。




裏ワザってあるの?

極力混雑を避けて、有意義に美術館で作品を鑑賞したい人向けの裏技があります。

比較的時間の都合がつく人向けの裏ワザなのですが、平日の雨の日はお客さんが少ないです。

私は、平日の雨の日を狙って美術館に行くことが多いです(笑)

平日の雨の日の美術館は、おすすめです。

癖になりますよ(笑)

ブリューゲル大阪展は人気の展示なので、それでもそこそこお客さんが多いと思いますが、晴れてる日に行くよりは、かなりお客さんも少ないはずです。

それほど幅広く認知されていない、アーティストの展示なら、ほとんど貸切状態で作品を見れます。




できるだけ並ばずに済む方法、チケットにの買い方にコツ?

ブリューゲルの大阪展ですが、9月以降でも祝日や休日はかなりの混雑が予想されます。

チケットを購入するのに、かなり並ばないといけないこともあると思います。

チケット購入を並ばずに済ますには、ネットであらかじめチケットを購入すれば、スムーズに展示会場まで進むことができます。

オンラインチケットはこちら→http://www.e-tix.jp/babel2017/

クレジットカード決済のみとなってますのでご注意を!

決済後に、チケットをおうちでプリントアウトすればいいので、現地に着いたらそのまま会場の入り口へ!

「ブリューゲル「バベルの塔」展  展覧会詳細

オランダを代表する美術館のひとつ、ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館から、ピーテル・ブリューゲル1世の《バベルの塔》が24年ぶりに来日する展覧会が実現しました。
副題に「16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて」とある通り、ブリューゲルのみならず、彼が手本とした先駆者ヒエロニムス・ボスの油彩2点、そして彼らが生きた時代、16世紀ネーデルラントの絵画、版画、彫刻を全体で約90点の出品作でご紹介します。
迫真の写実と輝くような美しい色彩が印象的な油彩絵画、ボスの怪物モチーフが所狭しと描かれる版画作品、そして木彫の粋を尽くした彫刻作品など、16世紀ネーデルラント美術の精華をご覧いただきます。
また、今回の展覧会では新しい試みとして作品を美しく見やすく展示することに加え、東京藝術大学COI拠点の特別協力により芸術と科学技術を融合させ、原寸を約300%拡大したブリューゲル「バベルの塔」の複製画を制作・展示します。また、同拠点は「バベルの塔」の3DCG動画も制作し、多様なメディアを駆使してこの傑作の魅力に迫ります。

展覧会公式サイト→http://babel2017.jp/

開館時間 観覧料

開館時間
10:00~17:00、金曜日・土曜日は21:00まで(入場は閉館の30分前まで)

休館日
月曜日 ※ただし9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館

観覧料
一般1500円(1300円) 大学生1200円(1000円) 高校生600円(500円)

※( )内は20名以上の団体料金、中学生以下無料
※心身に障がいのある方とその付添者1名無料(証明できるものをご提示願います)
※本料金で同時開催の「コレクション」もご覧いただけます

※現在は前売り券の販売は終了してます。

お得な夏休み企画

大阪市立科学館 × 国立国際美術館 相互割引 決定!
【割引期間】2017年7月18日(火)―10月15日(日)

美術館でブリューゲル大阪展を見ると、大阪市立科学館が割引に!

大阪市立科学館を利用すると、ブリューゲル大阪展が割引に!

詳細はこちら→http://www.nmao.go.jp/exhibition/pdf/bruegel_sougou.pdf

国立国際美術館へのアクセス

所在地 〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-55

アクセス

電車をご利用の場合

・京阪中之島線 渡辺橋駅(2番出口)より
南西へ徒歩約5分

・淀屋橋駅(7番出口)より土佐堀川を越え
西へ徒歩約15分

・地下鉄四つ橋線 肥後橋駅(3番出口)より
西へ徒歩約10分

・御堂筋線 淀屋橋駅(7番出口)より土佐堀川を越え西へ徒歩約15分

・JR大阪環状線 福島駅/東西線 新福島駅(2番出口)より南へ徒歩約10分
大阪駅より南西へ徒歩約20分

・阪神福島駅より南へ徒歩約10分

・阪急梅田駅より南西へ徒歩約20分

バスをご利用の場合

・中之島ループバス「ふらら」
淀屋橋駅(4番出口)西へ100メートル「淀屋橋」(土佐堀通/住友ビル一号館前)より「市立科学館・国立国際美術館前」下車すぐ
※平日のみ運行

・市バス
JR大阪駅前より53号・75号系統で「田蓑橋」下車、南西へ徒歩約3分