歌舞伎俳優・中村京紫さん死去 死因は?画像は?WIKIやネットの評判

シェアする

中村京紫さん死去 死因は?

歌舞伎俳優・中村京紫さんが9日に亡くなりました。

享年、52歳。

死因は、舌がんとのこと。

京紫さんは1986年、国立劇場歌舞伎俳優研修終了。

同年4月に初舞台。

87年2月、四代目中村雀右衛門に入門。

同年4月、歌舞伎座で中村京紫を名乗る。

時代物の局や腰元、世話物の芸者、仲居など、しっとりと美しい色気がある女性しか演じない真女方として活躍した。

最後の舞台は今年3月の国立劇場「伊賀越道中双六」となった。




画像は?WIKIやネットの評判は?

中村京紫さんについて、いろいろと検索したのですが、情報がなかなか見つかりません。

ヤフーニュースで訃報が取り上げられてましたので、歌舞伎界ではかなり有名な方なのかな?と思い調べてもWIKIもありませんでした。

中村京紫さんは女役の歌舞伎俳優さんということで、画像を探したのですが、画像も見当たらず。

ツイッターにいくつか中村京紫さんについてのつぶやきがありましたので、張り付けておきます。

なかなかネットの評判も見つからないので、ツイッターのつぶやきが頼りです。

何代も続くような家柄の歌舞伎俳優さんと違って、中村京紫さんは、「1986年、国立劇場歌舞伎俳優研修終了」という経歴から、一般から歌舞伎俳優を志したのかも。

しかし、ツイッターのいくつかの中村京紫さん関連のツイートを見る限り、ファンに愛される女役の歌舞伎俳優さんだったことは確かです。

こちらのサイトに中村京紫さんが出演したイベントが紹介されました。

昨年の2月の内容ですが、この頃がまだ元気に見えます。

http://www.kabuki-bito.jp/news/3177

ご冥福をお祈りします。