山梨市長 望月清賢が離婚、原因は石材会社?税金も滞納で息子は医学部?

シェアする

山梨市の望月清賢市長(70)が市の職員の採用試験で不正をした疑いで虚偽有印公文書作成・同行使で逮捕されました。

市職員採用試験の担当の職員と共謀し平成28年の採用試験で、特定の受験者の点数を水増しするなどして虚偽の書類を作成し、職員採用の不正をしたとしている。

警察は便宜を図る見返りに金銭の授受がなかったかも調べるとのこと。

前市長で廃止された、採用試験での市長による面接を、望月清賢容疑者が市長になってから再び面接を再開させていたそうだ。

実際の面接は市長一人だけではなく、副市長や教育長や市の幹部も携わっていたそうですが、最終的な判断は市長自らが行っていて、採用試験の結果には市長の意向が強く働いていたそうです。

望月清賢容疑者に関しては、経営する石材会社の経営に行き詰ったことから、元妻が知人らから現金3億円以上だまし取ったとして、今年の6月に詐欺で逮捕されていました。

望月清賢容疑者の石材会社の借金返済でだまし取ったお金は使われたそうです。

経営する会社も自転車操業状態だったのでしょうね。

市の職員の採用試験で不正をしたのも、背景には金銭の授受があった可能性が大きいですね。




望月清賢が離婚、原因は石材会社?

望月清賢容疑者の元妻が逮捕されたのは今年の6月。

しかし、夫婦が離婚したのは、元妻が逮捕される5か月ほど前だったそうです。

しかし、離婚後も夫婦と息子は一緒に住んでいたことから、不審に思われ、警察の捜査の手が望月清賢容疑者にまで伸びたと言われてます。

経営に携わる夫婦が計画的に詐欺を働き、その後に離婚をしていたのも、元妻は自分が逮捕される可能性も考えて、離婚をしたのかもしれませんね。

夫の市長の仕事に差し支えることを考えての離婚だったのでしょうか?

それにしても、一緒に住んでいたら明らかに不審ですよね。

ちなみに元妻は望月清賢容疑者が経営する石材会社の社長だったそうで、望月清賢容疑者の市の職員試験の不正と元妻の詐欺は、経営する石材会社の経営不振というところで微妙に繋がります。

しかし、市長という職にある人が、こうも公私混同されてしまうと、ますいでしょうね。




税金も滞納

それと、望月清賢容疑者の自宅は現在は差し押さえられてるそうです。

なんでも、税金を滞納してしまってるそうです。

自宅を差し押さえられるって、かなりの滞納額では?

しかし、なんでこのような問題のある人が市長になったのだろうか?

望月清賢の経歴は、

山梨県山梨市出身

山梨県立日川高等学校卒業

1974年(昭和49年)、金沢工業大学工学部卒業。父親が経営する差出石材に就職。

1983年(昭和58年)、旧山梨市の市議会議員選挙に初当選。3期務めた。1999年(平成11年)、亡くなった父親の後を継いで差出石材の社長になった。

2002年(平成14年)7月20日に行われた山梨県議会議員補欠選挙に出馬し初当選。県議時代は自民党県連総務会長を務めた。

2013年(平成25年)12月、県議を辞職。

2014年(平成26年)2月2日に行われた山梨市長選挙に自民党県連の推薦を得て出馬。現職の竹越久高を破り初当選した。

とのこと。

亡くなった父から引き継いだ石材会社って元々負債を抱えていたのかはわかりませんが、望月清賢容疑者が経営を引き継いでから、経営不振に陥った可能性もありますね。

しかし、税金滞納で家を差し押さえられ、元妻が詐欺で逮捕、そして、市の職員採用試験で不正で自分も逮捕ってね。

息子は医学部?

ネット情報では望月清賢容疑者の息子は医学部出身という噂です。

あくまでもネット情報なので、信憑性に乏しいですけど。

ウィキの家族構成にも息子がいると書かれてますが、詳細の情報は一切書かれてません。

石材会社の経営に携わっていたのかも定かではありませんし。

望月清賢容疑者と元妻が離婚後にも家族で一緒に住んでいたという情報があるので、何かしら、石材会社の経営に関わってのでしょうか?

警察の捜査が進むにつれて、詳細は明らかになっていくでしょう。