アラン・ドロン引退!サムライの香水の匂いを残して。

シェアする

フランスの名優、アランドロンが引退!

フランスの名優、アラン・ドロンさん(81)が引退することになりました。

アラン・ドロンといえば、ハンサムの代名詞としてよく名前の挙がった俳優です。

最近の人はアラン・ドロンと聞いてもピンのこないでしょうけど、昭和の人にはアラン・ドロンと聞くと、「ハンサム」というイメージなのです。

ハンサムを例えてアラン・ドロンという名前を口走ろうものなら、年齢がバレてしまいます(笑)




そのハンサムの代名詞のアラン・ドロンも現在81歳。

ちょっとぴり、わたしは驚きました、

まだ俳優をされていたことに。

そして、81歳という高齢者になっていることに。

で、アラン・ドロンがどれだけハンサムだったか昔の写真をご覧あれ!!

昭和の人達が、アラン・ドロンをハンサムの代名詞としていたことがこれでおわかりになるはず!!

で、現在は、

81歳になってもこの色気。

いやぁ、いくらなんでも81歳を過ぎてこの色気じゃ、たまったものでではありませんね(笑)

普通は、もっと醜くなってるでしょ?

頭が剥げるとかね。

どんなに昔はハンサムだった人も年齢とともに色気がなくなるものですけどね。

アラン・ドロンさん、2000年に一度引退を表明されてます。

しかし、いつからか復帰をなさって、今回の引退の表明はマジのようです。

しかし81歳まで俳優をやったのだから、個人的には、死ぬまで俳優をされて欲しいなぁ、って思いますけどね。

今さら引退ですか?って思いましたけど(笑)

この色気はもったいないし、まだまだ、恋愛映画に出れそうですよね。




アラン・ドロンと言えば、サムライ 同名の香水もプロデュース

アラン・ドロンさんと言えば、1967年の映画「サムライ」が有名。

ちなみに日本映画ではありません。

フランス映画で、サムライを思わせる暗殺者の役を演じてます。

その後1970年に香水「サムライ SAMOURAI」をプロデュ―ス。

アラン・ドロンが尊敬する名優、三船敏郎をイメージした香水だそうです。

他にも、「SHOGUN」、「47SAMOURAI」などの名前の香水のプロデュースされてるそうです。

1970年にプロデュースされた香水ですが、今も「サムライ SAMOURAI」は売れ続けてるロングセラーで、現在では女性用の「サムライウーマン」もい発売されてるそうですよ。

私は香水は興味がないので、香水の事は良くわかりませんが、先ほどアマゾンで確認したところ、無茶苦茶評価が高かったです。

五つ星が36

四つ星が23

三つ星が4

二つ星が1

一つ星が1

の評価でした。

匂いは甘すぎず、柑橘系でない匂いとのこと。

天下のハンサム俳優のアラン・ドロンがプロデュースということなので、昭和生まれの私は、とても気になります。

一度買ってつけてみましょうか?

まぁ、アラン・ドロンのプロデュースの香水を付けたところで、アラン・ドロンのようなハンサムにはならないでしょうけど。

お値段は100ml入りで2000円くらいです。

それほどお高くないですね。

わたしだったら、3年くらい持ちそうですが(笑)

機会があったら買ってみます。