小林麻央 癌で酸素吸入と輸血 余命は?進行早まって激やせ?

シェアする

小林麻央 末期癌で酸素吸入?先日輸血も・・・。

小林麻央さんのブログが更新されました。

ブログにアップされた画像ですが、かなり顔色が悪いように思えます。

笑顔で写真に写ってますが、頬がこけてかなりやせましたよね。

腕が白くなって、血管が浮き上がってます。

酸素吸入もされてます。

いつも前向きな小林麻央さんですが、ちょっと今回の写真はショックでした。

ここまで、ご自分をさらけ出す必要があるのでしょうか?

ふとそんな思いが頭の中をよぎってしまいました。




確か、小林麻央さんが昨年の9月1日にブログを始めるきっかけが、この言葉でしたね。

素晴らしい先生との出会いに
心を動かされました。

その先生に言われたのです。

「癌の陰に隠れないで」

9月1日のkooronoの最初の記事より。

そうれを思うと、現在の自分の姿の画像をブログにアップしてる意味もなんとなくわかるような気もします。

先日のブログで再入院して輸血したという記事も書かれてます。

末期癌の患者が輸血する理由は、骨髄に癌が転移したことで造血機能が低下して貧血になるからだそうです。

あと、食欲不振から栄養が思うように取れなくなることも、輸血の理由だとか。

顔色が良くないのも貧血だと思います。

私の母も癌で亡くなったのですが、ブログにアップされた画像を見て、母親が入院していた時のこと、リアルに思い出しました。

ブログでは2週間ぶりに子供と会ったという内容が書かれてます。

そんなに会ってなかったんですね・・・。




4月に入ってから進行が早まった?余命は?

小林麻央さんのブログをずっと見てきて、4月に入ってから急激に小林麻央さんの病状が悪化してきました。

ブログの更新頻度も少なくなってきて、目に見えて病状がよくないのがわかりましたが・・・。

そんな時に4月の末に再入院されました。

正直、わたしはホッとしました。

小林麻央さんにとっては、できるだけ自宅で家族と過ごしたい、という思いが強くても、病状が思わしくなければ、医療に身を委ねるしかありませんし。

小林麻央さんも、後ろ髪引かれる思いで再入院を決断されたのだと思います。

再入院を決断されたのも、今以上に良くなろうということからだと思います。

病状も日々進行されてるように思えますが、ブログにアップされてる、小林麻央さんの笑顔を見てると、ちょっとだけ安心しました。

「余命はあとどれくらいだろう?」

そんな思いが頭の中をよぎりますが、昨年の5月が小林麻央さんのヤマだったことを思うとそこから、1年後の今も小林麻央さんは生きてます。

一般的な推測が、小林麻央さんの病状には当てはまらないので、今後の小林麻央さんが、少しずつでも今より良くなることを祈るばかりです。

小林麻央さんがブログを始めた9月から、わたしは小林麻央さんのブログを見てきてますが、小林麻央さんの病状が良くなろうと、悪くなろうと、見届けないといけないように思います。

当然、病状が回復するほうを望んでいますが。




コメント

  1. より:

    私の家族も癌で昨年亡くなりました。
    乗り越えては泣き日々生きています。
    苦しくて苦しくて痛くて痛くて辛くても生かされた方が良かったのではないか?と十字架のような重たいものを背負いましたがあれで良かったの。。と自分に言い聞かせてます。もっともっと一緒に居たかった。とは残された私の我が儘な想い