アラン・ホールズワースが引退後死去!死因は?名盤は?

シェアする

アラン・ホールズワース 引退、そして死去、死因は?

多くのギターリストから支持されていた、ジャズ・フュージョン・ギターリスト、アラン・ホールズワースが亡くなったそうです。

享年70歳。

死因は不明。

朝からからツイッターのトレンドになっていたので。驚きました。

正直、アラン・ホールズワースがツイッターのトレンドのなること自体がありえませんので(笑)。

内容は「死去」ということで、さらに驚きました。




アラン・ホールワースという人は完全に天使肌のギターリストで、一般のリスナーに愛されるミュージシャンと言うより、ミュージシャンが愛するミュージシャンという存在。

そのため、アラン・ホールズワースの音楽には一般受けするよなキャッチ―なメロディもないし、使用する和音も、かなり複雑な和音を弾いたりします。

特にソロでの滑らかなフレーズは有名で、アラン・ホールズワースに影響を受けたギターリストってかなり多くいます。

アラン・ホールズワースの音楽はジャズ・フュージョンよりの音楽なのですが、ハード・ロック、ヘビーメタルのギターリストの中にも、彼をリスペクトする人も多くいるのも、スゴイところですね。

ソロのフレーズは、サックス奏者の演奏に影響を受けたようで、ピッキングでゴリゴリ弾きまくるタイプではなく、左手のハンマリングとプリングを多用して、滑らかなフレーズを弾くのが特徴でした。

かの有名なロックギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンも、アラン・ホールズワースに強く影響を受けてる一人で、彼の有名なライトハンド奏法も、アラン・ホールズワースのフレーズを弾こうと思ったが、手が届かなくて、右手を使ったと言われるほどです。

色々とネットで調べていたのですが、アラン・ホールズワースって引退していたんですね。

しかし引退後、ツアーをしてたという話だし、どういうことなんでしょうか?

引退と言っても、音楽ビジネスからの引退だったのでは?

生粋のミュージシャンで、アーティストのアラン・ホールズワースなので、引退後も演奏を続けることは、特に不思議なことでもないような気もします。

アーティストはサラリーマンでないので、死ぬまでアーティスだと思います。

私が、思うに、色んなしがらみのある音楽業界から足を洗って、残りの余生は純粋にミュージシャンとして、アーティストとして活動したかったのでしょうね。

現在のところ、アラン・ホールズワースの死因が発表されてませんが、ドラッグとかアルコールではないと思います。

アラン・ホールズワースは、クリーンだったはず。

よくいるカッコつけのミュージシャンではなく、私服もその辺の外国のおじさんのような恰好で、薬をやってるようなヤバイ顔つきでもなく、イギリスのインテリなおじさん、というイメージでしたね。




名盤は?

アラン・ホールズワースってあまり日本にはなじみのないミュージシャンです。

音楽性も、どのアルバムも結構、難解な音楽です。

しかし、アラン・ホールズワースのアルバムにキャッチ―な音楽性のアルバムがあります。

「ロードゲーム」というアルバムで、1983年に発売。

珍しく歌ものの曲も入ってます。

アラン・ホールズワースの入り口にいいアルバムだと思いますし、名盤でもあります。

1985年の「Metal Fatigue」もなかなか名盤です。

アラン・ホールズワースがミュージシャンとしても脂が一番乗り切ってた時のアルバムですね。

古いアルバムばかりになってしまいましたが、やはり80年代のアラン・ホールズワースが個人的には一番好きかな。

特にギターキッズは好きかもしれない。




コメント

  1. テッド より:

    天使肌?天才肌じゃない?

  2. みきや より:

    私はUKで一気にファンになりました。独特の途切れのないフレーズと、早弾きに魅力されてました。とっても残念です。
    RIP