警視庁滝野川署公開 キャッシュ特殊詐欺 犯人の中2女子の画像は?

シェアする

警視庁公開の画像が20代の女性かと思いきや中2女子だった?

なんと、警視庁が公開していた、窃盗犯の画像が女子中学生だったというニュースが舞い込んできた。

今年の2月の13時頃に東京の北区のコンビニのATMを利用して、同区に住む70代の女性の名義のキャッシュカード、2枚を不正に使用して84万円を引き出した疑いで、防犯カメラに映っていた20代と思われる容疑者の女性の画像を警視庁滝野川署が公開した。

この画像を見た、容疑者の友人が、容疑者に連絡。

そして、この容疑者の女性は、母親と12日に警察に出頭した。

警視庁は、防犯カメラに映っていた女性が20代と判断し、容疑者の女性の画像を公開したが、なんと容疑者は中学2年の女子生徒だったそうだ。

警視庁はすぐに画像を削除。

警察は事情を確認したうえで、児童相談所に通告するか検討しているとのこと。

女性生徒が犯行に及んだのは、13歳の時の中学1年の時。

しかし、この中学生の女子生徒がなぜ、特殊詐欺をする知恵を持っていたのか?

少年法に詳しい専門家によると、特殊詐欺グループなどが、少年・少女を「出し子」に利用することが多いそうです。

この中学2年生の女子生徒も特殊詐欺グループに利用された疑いがあるようです。




容疑者の画像は?

警察は、すでに画像を削除したとアナウンスしてますが、ネットに出回った画像はなかなか完全に消すことができないのが現状。

警視庁のサイトからは、この女子の画像がすでに削除されてますが、サーバーなどに画像は格納されてしまいますし、警察が容疑者が20代という確証もないまま、画像の公開に踏み切ったのかは疑問が残ります。

防犯カメラに映った女子生徒は、茶髪でメイクをし、付けまつげをするなどして、当時13歳と思えないくらい大人びて見えたのは事実でありますが・・・・

女子生徒もさすがに警視庁のホームページに自分の顔画像がアップされてるの見て、びびったようですね。

この女子生徒、犯罪と認識してお金を引き出したのでしょうか?

たんに、詐欺グループに頼まれて、犯罪とわからずにお金を引き出したのでしょうか?

しかし、中学生を利用するって、詐欺グループも悪質ですよね。

でも、気が付いて、警察に出頭してよかったですよね。

自分のしたことに、悪意を感じてたということが、救いですよね。

でも、なんでこの女子生徒の友人が、この警視庁の公開した画像に気が付いたのだろう?

SNSで出回ってたのかな?

この女性徒も中学生らしく、髪の毛を黒く戻して、付けまつげをはずして、すっぴんになれば、人に知られることはなくなると思うけどね。

反省して、やり直してほしいですね。

まだ若いし、何度でもやりなおせるしね。