浅田真央 国民栄誉賞 受賞の可能性 各界から絶賛!

シェアする

浅田真央さん、引退!各界から国民栄誉賞の声も!!

10日の深夜にブログで引退を表明した浅田真央さん。

浅田真央さんの引退はかなり話題になってるようで、ヤフーニュースを見ても、浅田真央さんの引退のニュースでもちきり。

そして、各界から浅田真央さんの引退を惜しむ声、ねぎらいの声があちこちから聞こえてきてます。

いやぁ、すごいですね。

国民的なフィギュアスケーターだったんですね。

改めて実感します。

過去に出場したオリンピックでは、実力が十分にありながら金メダルを取ることはできなかった。

バンクーバーオリンピックでは女子シングルで銀メダル。

ソチオリンピックでは、女子シングルで16位。

ソチオリンピックのあと1年間休養し、そのまま引退かと思われてましたが、2015年の5月に現役復帰をブログで発表。

2015年のジャパンオープンでは1位になったものの、以前のような実力は発揮できず、優勝を逃すことが多くなった。

2017年に入ってからは不振続きで、4月10日に引退。




オリンピックで金メダルを取れていなくても、各界から国民栄誉賞の声が上がるって、よっぽど記憶に残るフィギュアスケーターだったんだなぁ、と改めて浅田真央さんの存在のすごさを知りました、

オリンピックでは実力が出し切れなかった浅田真央さんですが、

世界選手権では3度の金メダル。

四大陸選手権でも3度の金メダル。

グランプリファイナルでは4度の金メダル。

世界ジュニア選手権では1度の金メダル。

ジュニアグランプリファイナルでも1度の金メダル。

という輝かしい実績。

浅田真央さんの引退を惜しむ声は世界からも寄せられています。

スポーツ選手の引退ってけっこうニュースで取り上げられるし、話題にもなりますが、浅田真央さんの引退でこれだけ、ネットで盛り上がるって、やっぱり記録だけでなく、記憶にも残る名スポーツ選手だったんですね。

それと、オリコンによる好きなスポーツ選手ランキングで、2007年、2009年、2010年、2011年 2013年 、2014年で1位になるなど、国民的なスポーツ選手でした。

国民栄誉賞の可能性は?

さて、浅田真央さんが国民栄誉賞を受賞する可能性はどれくらいでしょう。

私は、確実に国民栄誉賞を受賞すると思います。

女子レスリングの吉田沙保里選手は、

「私は13連覇した時に国民栄誉賞をいただきましたけど、真央ちゃんも国民栄誉賞に値するくらいがんばった選手だと私は思います」

と語ったそうだ。

それだけでなく、ネットの声でも浅田真央さんの国民栄誉賞の受賞を望む声が続出。

過去に国民栄誉賞を受賞したスポーツ選手の多くがオリンピックで金メダルを獲得した人がほとんどだが、これだけ記憶に残るスポーツ選手なら、浅田真央さんの国民栄誉賞の受賞に異論はないはずです。




過去に国民栄誉賞を受賞したスポーツ選手は?

1977年 王貞治  プロ野球選手

1984年 山下泰裕  柔道選手

1987年 衣笠祥雄  プロ野球選手

1989年 千代の富士  大相撲力士

2000年 高橋尚子  陸上競技選手

2011年 2011 FIFA女子ワールドカップ日本女子代表  女子サッカーチーム

2012年 吉田沙保里  レスリング選手

2013年 大鵬  大相撲力士

2013年 長島茂雄  プロ野球選手

2013年 松井秀喜  プロ野球選手

2016年 伊調馨  レスリング選手

国民栄誉賞は過去に23人と1団体が受賞してます。

1077年の王貞治さんの受賞から始まった国民栄誉賞。

もっとたくさんの人が受賞してるのかとおもったら、おもったほど多くの人が受賞してないんですね。

そう思うと国民栄誉賞の受賞って、かなり重みがありますね。

特にスポーツ選手の場合、記録だけでなく記憶に残る選手でなかればいけないようです。

浅田真央さんは、国民栄誉賞を受賞する資格もあり、その可能性が大きいですよね。




過去に国民栄誉賞を辞退した人達

阪急ブレーブスで活躍した、盗塁王で有名な福本豊選手

「そんなんもろたら立ちションもでけへんようになる」

と言って国民栄誉賞を辞退したそうだ。

軍歌や応援歌の作曲家の古関裕而氏が1989年に没後に国民栄誉賞の打診があったが、親族が辞退したとのこと。

それと大リーガーのイチロー選手も2001年に国民栄誉賞の打診があったが、

「国民栄誉賞をいただくことは光栄だが、まだ現役で発展途上の選手なので、もし賞をいただけるのなら現役を引退した時にいただきたい」

ということで国民栄誉賞を辞退しています。

福本選手もイチロー選手も、天才肌の人って、こういう賞には無頓着なんですね。

なんだか面白いですよね。

浅田真央さん、長い間、お疲れさまです。

新しい人生を楽しんでくださいね。