ムッシュかまやつ かつらをぬぐ!肝臓がんで死去

シェアする

ムッシュかまやつ 肝臓がんで死去

ムッシュかまやつさんが亡くなった。

享年78歳。

昨年5月に肝臓がんが見つかり、9月に公表したムッシュかまやつさん。

「絶対に復活する」とコメントを残して、闘病生活へ。

そのあと、10月に退院して自宅で療養していたそうです。

スパイダーズの頃からの旧知の仲の堺正章さんが、ムッシュかまやつさんの病状が回復に向かいつつある、とマスコミに公表し、昨年末に行われた堺正章の古希を祝うライブに飛び入り参加するなど、一時は回復を見せたものの、年があけてから様態が急変したようです。

1月に出演する予定だったラジオ番組を急遽キャンセルしていたそうです。

驚いたのが、ムッシュかまやつさんって78歳だったんですね。

ずっとステージに立って演奏をしていたこと思うと、すごいミュージシャンだったんだなぁ、って改めて思いました。

それだけではなく年齢をも感じさせないトーク、ファッションにムッシュかまやつさんのセンスを感じずにはいれません。




最後にかつらをぬぐ?

ムッシュかまやつさんと言えばかつら疑惑が有名ですよね。

ずっと「かつらでは?」と疑いをかけられていた芸能人の一人でもあります。

事実、かつらだったようです。

高齢にも関わらずロン毛っていうのも、不思議ですよね。

ムッシュかまやつさんが若かりし頃から髪型がそれほど変わっていません。

髪質もずっと同じような感じで、ほんと帽子をかぶっているようでした。

1970

1975

1978

1985

2015

こうやって、昔の写真から今の写真までみてると、昔からイメージがほとんど変わってませんよね。

髪型も同じ。

いくらなんでも78歳でロン毛というのはちょっとおかしいですよね(笑)




以外に、若いうちからカツラをかぶってた可能性もありますよね。

最近の写真を見ても髪型が微妙にちがってたりするので、いくつかカツラを使いまわしていたみたいですね。

ロン毛のかつらなので、髪の毛の生え際が見えないから、あまりかつらっぽく感じないのと、ムッシュかまやつさんのファッションが若いというので、あまりかつらを意識させないキャラクターでした。

お亡くなりになって、「ギターを置いた」という表現もあてはまりますが、「かつらをぬいだ」という表現も、妙にしっくりくる、ムッシュかまやつさん。

なぜか、ムッシュかまやつさんの死で、わたくし、山口百恵さんのラストコンサートの最後の最後に、百恵さんがマイクをステージに置いて舞台を降りたことを思い出しました。

ムッシュかまやつさんのかつらをぬいだ写真が出回ることもなく、生涯プロに徹してお亡くなりになった、ムッシュかまやつさんって、やっぱりすごい。

昭和の根性の据えた芸能人っていう感じがします。