暗殺された金正男は影武者?刺青がない?画像から検証すると・・。

シェアする

暗殺された金正男は影武者?あるはずの刺青がない?

ネットでおかしな噂が出回ってます。

先日マレーシアのクアラルンプールの空港で暗殺された、北朝鮮の金正恩総書記の異母兄弟で、兄にあたる金正男氏。

先日フジテレビが金正男氏が暗殺される映像をテレビで公開しましたよね。

かなりの反響を呼びました。

そして、空港の係員に、顔に何か液体をかけられた事を訴え、その後空港の診療室まで係員に誘導されて、自ら歩いて行ってる映像が公開されました。

犯行後、しばらくは自分で歩けたようです。

診療室に入ってから容態がみるみる悪くなり、亡くなる直前の椅子に座って意識を失ってる画像も公開されました。

犯行の一部始終が移された映像と画像に驚愕した人もいるかと思います。

さて、その時、フジテレビで公開された、亡くなる直前の椅子に座って意識を失ってる画像がネットで噂になってるようです。

なんと、その画像から、亡くなった金正男の影武者説が浮上しているとのこと。

以前は北朝鮮で権力者でもあった金正男氏ではありますが、さすがに北朝鮮を追われた金正男氏に影武者を立てる理由があるかはさておき、なぜか浮上した影武者説。

影武者説が浮上したその背景には、金正男氏にあるはずの刺青がなかったということが原因のようです。

検証してみましょう。




影武者説を画像から検証

さて、なぜ影武者か?と疑われたのか、金正男氏は刺青を入れているそうです。

生前に金正男氏と知り合いと一緒に撮影したという写真が、この画像です。

https://i0.wp.com/honkan.jp/wp-content/uploads/2017/02/48de4278d09db6cf6b7121e6579de931.jpg?resize=400%2C220

真ん中が金正男氏です。

左腕とお腹に刺青が写っています。

そして、これが、空港の診療室の椅子の上で意識がなくなってるいる金正男氏の画像です。

http://bangkok-club.asia/wp-content/uploads/2017/02/79707d6c3ddee1cb12c5bba77b8cccda.jpg

ネットの噂では、空港の診療室で撮られた写真の腕の部分と、シャツがはだけたお腹の部分に、刺青がないということから影武者説が浮上したらしい。

しかし、左腕はどう見ても、シャツで隠れてるだけでは?と思われるのですが・・・・。

そしてお腹の刺青ですが、診療室の写真ではお腹のあたりのシャツが若干まくれ上がっていて、肌が見えてますが、刺青がありません。

とはいえ、この影武者説、ネットでは騒がれてますが、表沙汰にならないのはなんででしょう?

本当のところ、この影武者説は信憑性が低く、もしも影武者だったらすでにわかることだと思うのですね。

金正男氏の死後、検死もするでしょうし、亡くなった相手が北朝鮮の大物だけに身元確認も入念にするでしょうし。

確かに、空港の診療室の画像にはお腹の刺青が確認できませんが、もう少しシャツがまくれ上がると、刺青が見えるかもしれません。

金正男氏の影武者説はネット界隈に漂う都市伝説レベルのものだと考えるのが自然ですね。

中国政府の保護下でなんで、マレーシアの空港に警備を付けずに単身でいたのか、また北朝鮮のスパイが行ったとされる犯行も、どこか素人っぽく稚拙であることも指摘されており、不自然な点もあるのですが、影武者説はどうやら違うようです。




影武者説と言えば・・・

影武者説と言えば、プーチン大統領の影武者説は有名ですよね。

痩せたプーチンも入れば、目つきの鋭いプーチンもいたり、良く見ると、本当に顔つきが違うから、プーチンの影武者説は本当か?って思えるのですが、ロシア大統領と金正男とではあまりにも格が違いすぎますよね。

金正男の影武者というより、金正恩の影武者というのならまだあれですが。

金正男氏の粛清は大きな動きの前触れ?

しかし、この金正男の事件、なにやらアジアで大きな動きへの前触れのような気もします。

実際に、金正恩の粛清の準備がアメリカですでに進められていて、大統領の支持一つで、すぐに計画が実行できる状況にあるらしい。

3月にはその計画が実行される予定にあるという情報を、自民党の参議院議員の青山繁晴氏がネット番組で話しておりましたが・・・・。

でも、青山さん、そんな重要な話を公に話してもいいの?

予定とは言え、朝鮮総連の人も青山さんの発言や動向はチェックしてると思うし、なんで青山繁晴さんもペラペラしゃべっちゃうのだろう?

この辺もちょっとキナ臭いですよね。

とは言え、アメリカ合衆国のトランプ大統領も北朝鮮の脅威が明らかにアメリカに向かってるということになれば、軍事行動に出る可能性が大だと思います。

北朝鮮の最近の動向を見ていると、アメリカの軍事行動も時間の問題のようにも思えますし・・・・。

トランプ政権時に何か大きな動きがありそうですね。