清水富美加 計画的引退か?告白本「全部、言っちゃうね。」がアマゾンで1位!

シェアする

告白本「全部、言っちゃうね。」がアマゾンで1位!?

清水富美加さんが告白本を出版。

名義は千眼美子という幸福の科学の法名での出版。

告白本を出版されたのは17日。

そして当日にアマゾンでベストセラー1位になるという快挙。




大まかな内容ですが

死にたかった7年、死ななかった7年

一連の騒動の真相は?

幸福の科学って?

せっかく人気女優になれたのに?

友だちや仕事でお世話になった人

そして心配してくれるたくさんの人たちへ。

すべての疑問に、自分の言葉で答えました

とのこと。

とても不可解なことがあります。

突然の引退から、告白本の出版まで、早すぎません?




引退は、計画的だったのか?

さっき、ニュースで見て、告白本の発売日にいきなりアマゾンで1位になるってすごいですよね。

でも、清水富美加さんの引退騒動って、つい先日に騒がれたことです。

もう、告白本の出版ですか?

おそらく清水富美加さんのツイッターのアカウントがなくなったり、体調不良でテレビ番組の出演を欠席される以前から、この本の出版は計画されていたのでは?と思うのですが・・・・。

幸福の科学とすでに告白本のことは打ち合わせされていたのでは?

そんな気がします。

執筆するにしても時間がかかります。

デザイン、校正、印刷という過程を経て出版に至るわけですが、計画してないとこんなに早く店頭には並びませんよね?

清水富美加さんの所属する芸能事務所は評判の悪い芸能事務所なので、引退ということになれば、かなり揉めるということを幸福の科学側が予測して、告白本、暴露本の計画は清水富美加さんの引退前からあった可能性がありますね。

清水富美加さんが引退の交渉に幸福の科学側の二人の弁護士を連れていたことも、清水富美加さんの引退は衝動的なものではなく、計画的に行われていたかもしれません。

幸福の科学は、この清水富美加さんの引退を、したたかにビジネスにつなげましたね。

売り上げは、清水富美加さんの突然の引退で派生する違約金の支払いなどに使われるのかも。

なんか、考えれば考えるほど、幸福の科学のしたたかさみたいなものが浮かびあがってきますよね。