雨宮塔子の劣化の画像、原因は旦那と離婚?

シェアする

雨宮塔子 離婚後から劣化?

雨宮塔子さんって現在、日本での仕事に復帰したんですよね。

昔、「チューボーですよ」見てましたね。

何気に「昔」と書いてしまいましたが、あれから18年くらいたってます。

あの頃の雨宮塔子さんは初々しく、TBSを代表する美人アナウンサーでした。




1993にTBSに入社。

1999年にTBSを退社します。

そしてフランスに移り住み、フランスでパティシエをしている青木定治さんと出会います。

2002年に結婚。

2003年に長女出産。

2005年に長男を出産されました。

青木定治さんが日本にも店を出店したことから、青木さんが忙しくなり、すれ違う時間が多くなったことから、2015年に離婚が成立しました。

2016年の夏からTBSの「NEWSS23」でメインキャスターを務めるようになった。

現在は元旦那の青木定治さんが、二人の子供を引き取っているそうです。

最近ネットで話題にになってることが、雨宮塔子さんの「劣化」が激しいということ。




 劣化の画像 原因は旦那との離婚?

雨宮塔子さんの劣化が話題になってますが、雨宮塔子さんがTBSを退社したのは1999年。

女子アナとして人気絶頂の時に退社されてますから、昔のイメージと今現在の雨宮塔子さんを比べても仕方がないのですけどね。

もう18年たってるんですから。

雨宮塔子さん、現在は46歳です。

では、昔の写真と現在の写真を比べてみましょう。

TBSの女子アナ時代と現在の雨宮塔子さんを比較して、当然顔は変わりますよね(笑)

ネットで加齢を「劣化」と表現する人は多いので、劣化というのもあれかなぁって思うのですけど(笑)

いい感じで、年齢を重ねていってる感じがしますけどね。

「劣化」というより、普通に「加齢」ですよね。

2人の子供を出産したお母さんでもあるわけですし、未婚の女性よりはしっかりした意志の強い女性の顔をしてるように思います。

2015年に離婚をして、雨宮塔子さんも、今後の自分のこと改めて考えたのでしょうね。

そこで、やっぱり仕事に戻ることを決意されたようですね。

旦那との離婚を経験して、一人の女性に戻った現在の雨宮塔子さんの等身大が現在のお顔なのだと思います。

離婚しなかったら、今の顔とは違った顔つきになってたのかなぁ、って思います。

今の雨宮塔子さんは、主婦の顔ではありませんよね。

1人の自立した女性という感じがします。

「劣化」っていや、そうなるのかもしれませんが、やっぱり年相応だと思いますよ(笑)