エビ中 松野莉奈の死因は致死性不整脈 原因は?症状は?

シェアする

エビ中 松野莉奈の死因

エビ中の松野莉奈さん(18)が8日に亡くなって3日が経ちました。

昨日、ようや所属事務著が、松野莉奈さんの死因を発表。




致死性不整脈の症状は?

死因は致死性不整脈です。

つまり、心臓の心拍数が乱れる状態ということです。

心臓に何らかの原因で負荷がかかって心拍数が安定しない状態です。

心拍数が激しいと、運動した後のような心臓のドキドキした症状があるそうです。

それとは逆に心拍数が、遅すぎると、めまい、ふらつき、ひどいときには失神したりするそうです。

致死性不整脈というだけあって、死に至るほど、心拍数が安定せず、松野莉奈さんは亡くなったようでう。

松野莉奈さんはコンサートを欠席して、自宅療養する際、病院で診察を受けたと思われますが、医師がどういう診断を下したのかわかってません。

亡くなったあとに、致死性不整脈とい病名を宣告されても、遅いですよね。

もっと早期になんらかの対応できなかったのでしょうか。




致死性不整脈の原因は?

・元々心臓に持病を抱えている

・老化から心臓の機能が低下

・過度なストレスや生活習慣

いくつかの原因があげられますが、複合することもあるようです。

松野莉奈さんが致死性不整脈になったのは、元々心臓が弱い人だった可能性もあります。

松野莉奈さんの死因について詳しい情報は入ってきてませんが、松野莉奈さんが卒業を控えていたこと、大学の進学も考えていたことから考えると、過度なストレスがあったのかもしれません。

高校に通いながら、エビ中のコンサートのリハーサルや、受験勉強などで寝不足もあったでしょうし、それに季節は心臓に負担がかかる冬です。

過度なストレスから、致死性不整脈を発症してしまったのかもしれません。

芸能人って頑張り屋の人も多いので、かなり無理をされていたのかもしれませんね。

芸能活動、受験勉強、大阪でのコンサート、季節など、いろんな要因が重なったのが原因かもしれません。