一日 1000回、ありがとう を小林麻央が言い続けた結果・・・・

シェアする

小林麻央さん 1日1000回「ありがとう」実践中。

1月27日の小林麻央さんのブログ、KOKOROで「ありがとうの話」という記事があります。

「ありがとう」を何万回も言うと、奇跡が起こり始めるということ、小林麻央さんは書いてます。

小林麻央さんが癌になったばかりの頃に人から聞いた話だそうです。

最初のうちは小林麻央さんも布団の中で何度も唱えていたそうですが、次第にやめてしまったそうな。

そして、1月27日にお世話になってる人から、たまたまおなじ話を聞いて、また「ありがとう」を始めた、という。

で、1月27日からまた「ありがとう」を1日に1000回言うことを始めた小林麻央さんですが、翌日の1月28日のブログで、思い切って退院日を決めた、と報告。

そして、1月29日に本当に退院されました。

事前に節分に合わせたて、退院することを考えていたのかもしれませんが、不思議なことに、1日1000回、ありがとうを言うことを始めてから、2日後に退院されたことを思うと、早速「ありがとう」の効果が出てきたようですね。

「ありがとう」を、言うことで、前向きになれたようですね。

小林麻央さんの場合は、癌という大病を患ったこともあり、藁をもすがる思いからの強い念もあったのかもしれない。

でも、昨年末、ヤバかった人とは思えないくらいにポジティブになってますよね。




1日1000回、ありがとうを言い続けた結果

それと、退院後に小林麻央さんに、変化がありました。

小林麻央さんのブログには書いてませんが、2月1日に旦那の海老蔵ブログで、その日に海老蔵さんが朝食を食べていた時に、小林麻央さんが、卵かけご飯を海老蔵さんにリクエストしたという内容の記事を書いてます。

海老蔵さんは、小林麻央さんに卵かけご飯を作ってあげたそうです。

しかし小林麻央さんは、ずっと食事をするのも大変な状態。

1月30日の小林麻央さんのブログでは3時間かけて目標の食事を食べ終わったという内容の記事を書いてます。

それくらい食べることが大変な小林麻央さんが、海老蔵さんが作った、卵かけごはんを全部食べたそうです。

ブログで海老蔵さんは、そのことがとても嬉しかったと、書いてました。

食べることが大変だった小林麻央さんが、卵かけご飯を食べたわけです。

これも、1日1000回、「ありがとう」を言ったことからの奇跡なのでしょうか?

実際に、ブログにアップされた最近の写真から、退院後の小林麻央さんは、以前より増して顔も生き生きしております。

目にも輝きあり、昨年の5月が生きるか死ぬかのヤマで、そして、昨年末に体調が崩れてヤバかった人に見えません。




そして、2月4日のブログで、

一日ひとつ、決めていたことが
できたならクリア!と思っていますが、

今日は、ふたつの用事ができて
なんとダブルクリア!となりました。

と書いてました。

少しずつ回復に向かってるようですね。

そして、もう一つ喜ばしいことが、

放射線食道炎も、
ようやく回復方向に
矢印↑が向き始めました。
少し お腹が空くという感覚が
戻ってきたのです!

とも書いてました。

小林麻央さん、1月29日の記事では、今より4キロ太ることが目標と書いてました。

お腹が空くという感覚が戻ってきて、次は4キロ太るという目標も達成する日も近いかも。




退院前、退院後の小林麻央さんの変化を見ていて、1日1000回、「ありがとう」を言うと奇跡が起こり始めるって、本当のようですね。

ネットで調べても、実践した人達が、その後の変化を書いてたりしますし。

本当に1日1000回、「ありがとう」を言うだけでいいみたいです。

特に気持ちを込めなくてもいいそうです。

ただただ、言うだけで効果があるそうです。

「ありがとう」だけでなく「愛してる」でもいいそうです。

要するにポジティブ言葉ならいいのかもしれませんね。

で、わたしも小林麻央さんに倣って、1日1000回、「ありがとう」を言うこと始めようと思います。

いいや、1000回はしんどいので、やっぱり100回にしときます。

私にも奇跡が起こるのでしょうか。

とりあえず、やってみようかと思います。

がんばりまっす。