小林麻央 放射線治療 残り一回の意味は?

シェアする

小林麻央さん 放射線が療残り一回って?

小林麻央さんが、ブログで放射線治療が残り一回になったということを明かしました。

たしか、去年の12月に放射線治療を受けていたことをブログで書いてましたね。

放射線治療の副作用で苦しんでおられたこともブログで書いてました。

そして、昨年末より再び放射線治療を再開していたようです。

そして、「残り一回になりました」の意味ってどういう意味でしょうか。




放射線治療、残り一回の意味は?

小林麻央さんが放射線治療が残り一回になった意味ってなんでしょう。

放射線治療は副作用も強いので、なんども受けらえるものではないようです。

同じ部位に放射線を当てることって基本的にはしないようですね。

とりあえず、今回の放射線治療の計画が予定通り終了するのに、残り一回という意味なのか?

もしくは、すでにほぼ全身に放射線治療を施していて、もう残り一回の放射線治療が済めば、もう放射線治療はできなくなり終了、という意味なのかは、ブログの内容からはわかりません。

いずれにしても、小林麻央さん、放射線治療はかなりされてるようです。

たしか12月には25日にわたって放射線治療を受けてますよね。

その後に年末また放射線治療を再開されてますから。

副作用が強いので、あと残りの一回の放射線治療が終了すれば、しばらくは放射線治療を受けられないのでは?と思いますけど。

まぁ、小林麻央さんの体調や、医師の判断で再開することもあるのかもしれませんが・・・・、




放射線治療には根治させるための治療と、ガンの症状を緩和させるため、延命や除痛といった措置の放射線治療という2種類あるようです。

小林麻央さんの場合は、おそらく緩和治療の一環の放射線治療だと思われます。

ここ最近、痛みで苦しんでいたことを、ブログで明かしてましたし、今日のブログでは、

「レスキューで飲む痛み止めの量が減ってきた」

とブログで明かしてました。

放射線治療が効いているのでしょうね。

「これから緩やかに効果を期待したいです」

ともブログに書いてることから、痛みもだいぶ治まってきたようですね。

ブログには院内の美容室に気分転換に行ったということも書いてました。

痛みが和らぎ、心にゆとりができたようです。

そして、1年ぶりにネイルをしたことも書いてました。

でも、痛みが和らいで良かったですね。

かなり元気が戻ってきたようで、食欲も出てきたそうですよ。

そして、現在は退院を目指してるそうです。

ほんと、去年の5月がヤマだったというのが嘘のようです(笑)

子供さんの運動会、そして、クリスマス、お正月も迎えることができました。

次は節分、そして、春です!!

梅、桃、桜の季節です。

寒い冬を乗り越えて春を迎えて、咲き誇る花を見れば、もっと元気になりそうですね。

退院目指して頑張ってください。