小林麻央 余命は1月?オキノーム?副作用は?

シェアする

小林麻央さん、痛み止めにオキノーム

今日も、小林麻央さんのブログを拝見。

気になってしまって、いつも一回はサイトに訪れる。

ヤフーニュースになってる時もあるけど、ふと気になって小林麻央さんのブログに訪れます。

今日の小林麻央さんのブログを見ていたら、「オキノーム」という言葉が出てきしました。

言葉の感じから、薬の名前だなぁって思って調べてみたら、痛み止めの薬とのこと。

末期のガン患者への痛み止めって、モルヒネが有名ですが、オキノームという痛み止めは、モルヒネと同じような強い痛み止めの効果のある薬だそうです。

ガン患者の方々に使用する痛み止めには、市販されてる鎮痛剤とかに使用されてる薬も使用されるそうでうが、それは初期段階で使用することが多く、痛みがひどくなってくると、モルヒネとか、オキノームといった強い痛み止めを服用するそうです。

さすがに激しい痛みには、市販されてるような薬では効き目がないようですね。

そして現在、小林麻央さんが服用してる、オキノームという薬は医療用麻薬と言われるもの。

使用する人の体質によってモルヒネが合わない人もいるそうです。

患者の体質、痛みなど、状況に合わせて医師が処方するのだと思います。




オキノームの副作用

今日の、小林麻央さんのブログを見ていて、

いつの間にやら眠ってしまい、
枕元にお手紙が。

といこと書かれてました。

おそらく痛み止めの副作用だと思うのですけど。

オキノームの副作用に

・眠気

・吐き気

・便秘

があるそうです。

でも、眠気の副作用ってある意味、いい副作用かもしれませんね。

眠ってる間は、少しは痛みを忘れることができますから。

効き目は即効性があり、服用から15分程度で効果が現れるそうです。

持続効果が3時間から6時間とのこと。

そのため、一日に何度かに分けて薬を服用する必要があるそうです。

一日が24時間だから、最低でも4回に分けて飲む必要があるようですね。

効き目が早いから、状況によっては頓服薬のような使い方をする時もあるのかも。




オキノームの使用から余命がわかる?

オキノームの使用でガンの患者の余命って、わかることはないと思います。

推測はできるかもしれませんが。

オキノームの使用は、中度、高度のガンの痛みに使用するそうです。

末期のガンの患者さんは強い痛みを訴えますから、モルヒネや起きのオキノームを使用するそうです。

小林麻央さんの余命について誰も知るはずもなく、10日の海老蔵さんの密着番組で海老蔵さんが、去年の5月がヤマだったと言ってましたが、小林麻央さんは今も生きて、ブログを更新されてます。

今、生きてることがある意味、奇跡でもあるわけです。

以前、ブログで「奇跡を起こしたい」、と小林麻央さんは綴ってました。

人間の可能性って予測不可能ですからね。

この先、小林麻央さんが桜の季節に、病室から抜け出して花見をしてる写真がブログにアップされるかもしれないし、自宅で家族に料理を作ってふるまってる写真がブログにアップされるかもしれないし。

でも、今は痛みから解放されて、少しでも穏やかな時間を過ごしてほしいなぁ、って思いますね。




コメント

  1. くらさん より:

    家の母はオキノーム5mgを飲み始めて1年たちますが、まだ、自分で車を運転して買い物にも行ってます。
    人それぞれではないですか?