上江州幸子 立川市の83歳の暴走運転は認知症が原因か?責任は?

シェアする

上江州幸子さん 認知症?

12日の午後3時頃に、東京都立川市緑町の国立病院機構災害医療センターの敷地内で起きた83歳の女性が運転する車が暴走し。30代の男女をはねた事故がありました。

ニュースの速報があった時は、はねられた30代の男女が意識がないとのことでした。

そして、速報があった時は車を運転してた83歳の女性の名前も伏せられていました。

しかし、はねられた30代の二人の男女は手当のかいもなく息を引き取ったそうです。

83歳の車を運転していた女性は上江州幸子さん(83)です。

上江州幸子さんは「ブレーキを踏んだが止まらなかった」と説明しているそうです。

上江州幸子さんもケガをしており、警察は回復を待ってから詳しい事情を聞くそうです。

目撃者の証言では、上江州幸子さんの車は激しくエンジン音を鳴らして歩道に突っ込んだそうです。

上江州幸子さん入院中の夫を見舞いに行った帰りだったそうで、警察の調べでは認知症は確認されてないとのこと。




車が暴走した原因は?

さて、なんで車が暴走したのでしょう。

上江州幸子さんの供述と、事故の目撃者の証言に食い違いがあることに意気がつきました。

事故の目撃者は上江州幸子さんの車が「激しくエンジン音を鳴らして歩道に突っ込んだ」と証言してます。

上江州幸子さんは「ブレーキを踏んだが止まらなかった」と供述。

「激しくエンジン音を鳴らして」ということはアクセル踏まないと激しいエンジン音はならないですよね?

ブレーキを踏んだが止まらず、激しいエンジン音を鳴らして車は暴走・・・・。

ブレーキとアクセル間違って踏んだ可能性がありますよね。

ブレーキを踏んだつもりが、アクセル踏んでしまって車は暴走。

上江州幸子さんの供述と目撃者の証言の食い違いから、事故の原因が推測できてしまいました。

上江州幸子さんもケガをされてることと、気が動転してしまって、供述も曖昧なところがあるのかもしれません。

しかし、警察は自動車運転処罰法違反(過失運転致死)容疑も視野に入れてるそうです。

おそらく業務上過失致死傷罪より重い、自動車運転過失致死傷罪が適用されるみたいですね。




上江州幸子さんに責任能力があるのか?

現在のところ痴呆症は確認されていないこと、警察が自動車運転処罰法違反(過失運転致死)容疑も視野に入れてることも、責任能力があると判断されてのことでしょう。

詳しいことは上江州幸子さんの回復を待ってからでしょうけど。

それにしても、やっぱり高齢者の車の運転に年齢制限を設けるべきですよね。

ほんと、そう思います。

最近の高齢者は元気で若いとはいえ、さすがに80代を過ぎてからの車の運転はちょっとって思いますよね。

特に都市部での高齢者の車の運転は年齢制限を設けるべきだと思います。

都会は、電車、バスなどの公共の交通機関も地方とは違って充実してるわけですから。

年齢制限を設けることが、差別だと思われるかもしれませんが、人間は年老いて感覚も鈍くなっていくものですし、高齢者には大事故に繋がりやすい車の運転の規制すべきだと思いますよ。