長谷川豊が飲酒運転?ブログが炎上、人工透析の再来か?

シェアする

長谷川豊が飲酒運転?ブログが炎上、人工透析の再来か?

長谷川豊アナのブログ、再び炎上!人工透析の再来になるか!

長谷川豊アナのブログが現在、炎上中です。

先日、自身のブログで人工透析患者への痛烈な批判をブログに掲載して大炎上。

そして出演するすべての番組を降板するといった、結末になり話題になりました。

確かに人工透析患者を痛烈に批判したのは「ちょっと言い過ぎじゃない」と私も思いましたが。よくよく内容を読みかえすと「なるほど」と思えることだったのですけどね。

そして今回、なんで長谷川豊アナのブログが再炎上しているかというと、先日判決が下された大阪のミナミで昨年の5月に起きた事件(事故)、飲酒運転で3人を死傷させた事件(事故)の判決があまりにも軽いことから、怒りのブログ更新。

長谷川豊アナは人工透析患者を痛烈に批判するブログ記事を書いてエライ目にあってから、ブログの更新を控えめにしていたそうだけど、今回の飲酒運転での事件(事故)の判決によほど黙ってられなかったのか、強い口調で文章を書き綴ってます。




長谷川豊アナの憤りはミナミの飲酒運転事故での判決

飲酒運転の事件を起こしたのは白坂愛里(しらさかあいり)被告。

居酒屋でビールを3、4杯飲み運転。

しかし、運転の直前に別にビールを一本飲んだそうだ。

そして車を運転、暴走させ、看護師をしていた河本恵果さん(24)とほかの2人の友人の合わせて3人を車で轢いたそうだ。

河本恵果は亡くなり、他の友人の2人はケガをした。

当初、この事件(事故)は危険運転致死傷罪で重い罪に問われると思われていた。

しかし、先日下された判決は過失運転致死傷罪とのこと。

危険運転致死傷罪だと最高刑で懲役20年。

判決が下された過失運転致死傷罪では最高刑が懲役7年とのこと。

そして飲酒運転をした白坂愛里被告は過失運転致死傷罪で3年6か月の判決が下った。

白坂愛里被告の弁護側は「アクセルとブレーキを間違った」ということを主張し過失運転致死傷罪であることを主張。

「不注意によるもので悪質なものではない」とのこと。

遺族は不服で17万人の署名を集め危険運転致死傷罪の適用を求めてましたが、思いはかなわず。

この判決に長谷川豊アナは激怒。

憤りをブログに綴る。

ビール、3・4杯飲んでさらに運転直前にもビール飲みながら車に乗り込んでんのよ?
そんな状態でハンドルを握って、

「酔いの程度は弱いものだった」

ってなんだよ、それ?
酔いの程度が軽いとか重いとか、そんなの、関係ないんじゃないのか?
じゃあアレなのか?
酒に強い人間は、どれだけ酒飲んで運転しても危険運転致死傷罪って適用されないのかよ?
でも、酒に弱い人間は、ビールコップ半分でも懲役20年ってか?

頭おかしいんじゃないのか?

酒飲んで運転したら、全部ダメに決まってるだろ!
人が一人死んで、なんで懲役3年半????????
たった???
模範囚だったら3年弱でシャバに復活ってか?

この文章を読んでもらったら、長谷川豊アナの憤りが伝わってくると思います。

分かってるのか?

今回の判決に関して、もう一度言うが、

完全におかしいだろうが!

と、綴っております。

そして自身が人工透析患者を痛烈に批判するブログを書いて番組を降板したことを例に出して、こうも綴っております。

自分のことを例に挙げて申し訳ないが、私はこのブログでの表現が過激だったために多くのお叱りを受け、全番組を降りることとなった。全連載をストップさせて、今は仕事がゼロになった。
今は収入も仕事もゼロだ。

これでいいんだってば。

アナウンサーが言葉でミスしたんだから。
ミスしたら、人様に迷惑かけたら罰を受けるんだよ!

人を一人轢き殺して3人を死傷させた?
それで、「そんなに酔ってなかったです。だからただのミスです。」で懲役3年??
一体どこの誰がこの判決に納得できるのか?




17万人の署名を集めた遺族の執念、控訴か?

この判決ってやっぱりおかしいですよね。

そりゃ遺族も納得いかないはずだし、必死になって17万人の署名を集めてこの判決じゃ、ちょっとひどいですよね。

17万人の署名ってすごい数ですよ。

遺族の方々の執念まで伝わってきます。

自らの意志でアルコールを飲んで車を運転して起こした事件(事故)。

その判決がミスだからということで、罪が軽くなってしまうなんて。

お酒が強かろうが、弱かろうが、飲んでハンドルを握ってはいけないのです。

それ自体が交通違反なのですから。

アクセルとブレーキを間違ったからということで減刑になるの?

お酒の量の問題で判決が覆るなんておかしいし、この判決を知った多くの人達も憤り感じると思います。

世論を味方に遺族の方は控訴するべきですね。

しばらくほとぼりが冷めてましたが、長谷川豊アナのブログがまた話題を引き起こすことになりそうです。

長谷川豊アナのこの記事から、この飲酒運転の事件(事故)に注目が集まりそうですね。