朴槿恵 崔順実 逮捕で辞任?次期大統領は潘基文か?

シェアする

朴槿恵 崔順実 逮捕で辞任?次期大統領は潘基文か?

朴槿恵の友人の占い師の崔順実が逮捕!!

いやぁ、きましたねぇ!韓国終了の日が!!

反日大国、反日大統領の終焉の日を目の当たりになる日が!!

朴槿恵大統領が国家の重要機密を友人の占い師の崔順実という女性に漏らしていたという・・・・。

情報を漏らすというか、国家の重要な決定をも相談していたという、とんでもないスキャンダルが表沙汰になり、大きな話題になっていたのも束の間、大統領官邸にガサ入れが入ったとの情報が飛び交い、そんでもってお次は、朴槿恵の友人の占い師の女性の崔順実が逮捕されたという。

えらいことですねぇ。

韓国の大統領の最後の結末って、なんでいつもこういうスキャンダルで終わっちゃうのでしょうかね?

検察に出頭した崔順実ですが報道陣の前で「死んで償うほどの罪を犯した」と泣きながら告白。

「えーーーーーっ!!」

あっさり認めちゃった!!

っていうことは、朴槿恵も逮捕間近じゃない!

先日、朴槿恵も国家機密の情報漏洩の事実が報道されことで、涙ながらに国民に謝罪しましたよね。

こりゃ、アウトですね。

検察が崔順実の逮捕に踏み切ったのは、崔順実が精神的に不安定だったことが要因らしい。

放っておけば下手すりゃ、自ら命を絶って証拠隠滅を図りかねないということからの逮捕。




朴槿恵 逮捕そして辞任へ

韓国は今、揺れております。

朴槿恵政権も支持率は20%を切り、14%台だとか・・・・。

朴槿恵に辞任を要求する市民団体が連日デモを行うなど、国民のほとんどは朴槿恵政権を支持しておりません。

最悪、朴槿恵の大統領任期中に逮捕、辞任という結末になるかもしれません

朴槿恵の過剰な反日で日本国民の嫌韓感情がますます高まり、日本と韓国との関係は冷え切ってしまった。

中国経済の上昇に伴い、外交も日本、アメリカから離れて中国べったり。

日米韓の安全保障を守らず3国の国民の安全を危険にさらし、果てに中国の経済が落ち込むや否や中国から身を引き、そして再び日本、アメリカにすり寄ってくるという、お得意の乞食外交を披露し、ますます信用を失うなど、自国のの安全と経済に大きなダメージを与えた朴槿恵政権。

ほんと、こんな能力の乏しい人が国家のトップに立っていたということが信じられません。

経済政策もダメ、外交も失敗、頼みの綱は過剰な反日政策で国民の世論を惹きつていただけの、張りぼて政権でした。

韓国の政治が不安定ということは、北朝鮮がいつ韓国に攻めてきてもおかしくないというう状況なわけで、朝鮮半島の情勢がますます不安定になっていくわけで、そういう意味で朴槿恵政権の犯した罪は大きい。

そして、朴槿恵は事件が明るみになる前に、大統領の任期を伸ばすための法改正をしようとしていたが、正直韓国の国民はこの大統領には一日も早く辞任してもらいたい、というのが本音だったようです。

今回のスキャンダルも朴槿恵政権を崩壊させるために、反勢力が影で動いたのかもしれません。

朴槿恵の逮捕も、秒読みでしょうね。




次期大統領は潘基文?

さて、経済、そして国家が崩壊しつつある韓国ですが、次期大統領になる人がいるのでしょうか?

国際社会から信用を失い、経済も崩壊しつつある韓国。

今までのように反日政策、そして乞食外交を継続してしまえば、韓国の未来はなくなるでしょう。

反日政策と乞食外交に依存してきた国家がまともな政策ができるかは難題。

以前からささやかれていた次期大統領候補ですが、一番有力なのが第8代国際連合事務総長の潘基文。

この人は国連の人達からも嫌われてる、過去最低の事務総長と評判の人です。

こんな過去最低の事務総長が韓国では人気があり、次期大統領の有力候補として持ち上げられてるという。

もしも潘基文が大統領になっても、韓国を救うことはできないでしょう。

この人は国連の事務総長という身でありながら中立性のかけらもなく、国連で堂々と日本を名指しで批判するような反日事務総長であります。

潘基文の国連事務総長の任期もタイミングよく2016年で最後。

このまま大統領選にシフトしていくことも考えられます。

潘基文の国連事務総長としての無能ぶりは世界でも有名で、こんな人が韓国の大統領になってしまえば、もう韓国も本当の意味で終わりかもしれません。

なぜなら、すでに国際社会から無能扱いされてる人が韓国の大統領になるわけですから。

結果的に大統領を選ぶのは韓国の国民であります。

嫌韓感情が高まってる日本では「次期大統領を潘基文で」と思ってる人も多数。

潘基文に大統領になってもらって韓国が崩壊することを望んでいる人も多くいるそうですよ。

いずれにしも自滅の道を歩んでいく可能性が高いですね、韓国は。