温かい 溶けない ソフトクリーム 商品化はいつ?メーカーは?

シェアする

温かい 溶けない ソフトクリーム 商品化はいつ?メーカーは?

なんとも季節感がなくなるようなニュースが舞い込んできました。

溶けないソフトクリーム、つまり温かいソフトクリームを石川県の金沢市の日本海藻食品研究所というところが開発に成功しました。

なんと、電子レンジであたため直すことも可能だそうです(笑)

こちらの研究所は冬でも楽しめる石川県発信のスイーツとして商品化を進めてるとか。

電子レンジで温めるって(笑)

そもそもソフトクリームって夏の暑い日に冷たいのを食べるからいいんであって・・・・。

そもそもソフトクリームって、冬の寒いときにプルプル震えながら食べるのがいいんであって・・・・。

もしくは冬の寒い日に暖房がギンギンに効いてるところで食べるのがいいんであって・・・・・・。

年がら年中、ソフトクリームが好きな愛好家にはちょっと「!?」ってなる、「溶けないソフトクリーム」、「温かいソフトクリーム」です。




温かい 溶けない ソフトクリームの製法は?

この温かいソフトクリームの製法ですが、卵白と水あめ、凝固剤を日本海藻食品研究所の独自の方法で混ぜ合わせるそうです。

約60℃の高温でも溶けなくて、クリーム状を維持できるソフトクリームで、口あたりはメレンゲのような口あたりだそうです。

温かいソフトクリームを開発した日本海藻食品研究所ですが、企業名に「海藻食品」という言葉が入ってることから、凝固剤に海藻が使われてるのかもしれませんね。

もしくは海藻を原料とした特殊な材料を加えてるとか。

まぁ、このあたりは企業秘密でしょうから、公にはしないでしょうけど。

温かい 溶けない ソフトクリームの商品化はいつ?

日本海藻食品研究所は現在、商品化を進めてるようです。

企業のホームページ見ていても研究・開発がメインのようで、食品メーカーと技術提携として商品化するんだと思います。

日本海藻食品研究所→http://www.japan-sfl.com/

しかし、溶けないソフトクリーム、温かいソフトクリームといっても、やはりソフトクリームは冷たいからいいのであって、温かいソフトクリームと売り出しても、「物珍しい駄菓子」で注目はされても、その後売り上げが上がっていくかというと、難しいのでは?と思います。

おそらく普通のソフトクリームに溶けないソフトクリームを配合することで「溶けにくいソフトクリーム」として売り出すのなら、ソフトクリームを製造してるメーカーも興味を惹くのでは?と思いますが。

っていうか、温かいソフトクリームを冷やせば、通常のソフトクリームになるか(笑)

なんか、ややこしいですね、感覚がおかしくなってきました。

夏の暑い日に、小さな子供さんが手に持ったソフトクリームがダラダラと溶けて地面に滴る光景をよくめにします。

時にはソフトクリームがコーンから落ちて、地面に落下。

泣きじゃくる小さな子供さんを目にすることも、それほど珍しい事ではありません。

「冷たくて、溶けにくいソフトクリーム」で、夏場でものんびり食べれるソフトクリームなら、日本海藻食品研究所の技術が、とても重宝するのではないでしょうか。

日本海藻食品研究所は石川県発信のすスイーツとして商品化したいとのことなので、地元も名物、町興し的な商品として開発してるのかもしれません。




温かい 溶けない ソフトクリームのメーカーは?

こちらの日本海藻食品研究所では、ホームページで加盟店を募集されてます。

「飲食店、イベントの集客アップや、地産地消・地域活性のアイテムとしてご活用下さい」

と、書かれています。

販売方法に制約がないことから、幅広く温かいソフトクリームが応用されて販売されてるそうです。

同社の技術がどこの店で使われていて、食べられるかというと、

こちら→http://www.japan-sfl.com/healthy-lab.html#syohin

金沢市にある「Healthy Lab」という店。

*住所*
〒921-8012 石川県金沢市本江町10番38号

*TEL*
076-292-3201(代)

*営業時間*
平日9:00-17:30

*定休日* 土・日曜日・不定休

*駐車場* あり
イートインコーナーがあります

●JR金沢駅から車で5分
●金沢西インターから車で10分

今のところ、どこでも食べれるほど同社の温かい 溶けないソフトクリームが巷に広がっないようです。

金沢に立ち寄ることがあれば、一度食べてみたいですね。