はごろもフーズのツナ缶にゴキブリ!自主回収は?炎上するか?

シェアする

はごろもフーズのツナ缶にゴキブリ!自主回収は?炎上するか?

食品製造業務にあってはいけない問題がありました。

食品大手のはごろもフーズが製造しているツナ缶にゴキブリが混入していたそうです。




山梨県甲斐市のスーパーで販売されていたツナ缶を購入した50代の女性から店側に届け出があったそうです。

スーパーから通報を受けた、はごろもフーズはゴキブリが混入したツナ缶を持ち帰り調査しました。

2014年12月に製造された商品で、製造過程で混入したことが判明。

今月18日に、はごろこもフーズはスーパー側に届け出た50代の女性に謝罪し、女性は謝罪を受けれたそうです。

自主回収はあるのか?

はごろもフーズは、ツナ缶にゴキブリが入ってた問題を公表してませんでした。

はごろもフーズでは「同様の申し出がないため、他の商品の混入はない」と言っており公表をしなかったそうで、今の時点で自主回収をしない考えでいるそうです。




ヘタすれば炎上、会社の信用を失う可能性も・・・・。

ゴキブリが入っていたら、やっぱり自主回収すべきだと思うのですが・・・・

そういえばペヤングの焼きそばにゴキブリが混入していたことが問題になったことがありましたよね。

あの時はスーパーやコンビニからペヤングの商品がみんななくなっちゃいましたが・・・・。

はごろもフーズも下手したら、自主回収しないとなると炎上するかもしれませんね。

SNSで拡散されて、あっという間に火だるまになりかねません。

わたくし個人の意見ですけど、大きな損失があるかもしれませんが、自主回収に踏み切るべきだと思いますが。

特に食品関係は、ちょっとした不祥事が信用を失います。

失った信用はなかなか戻ってきませんし・・・・・。

このツナ缶にゴキブリが混入していたニュースは速報で見て、この記事を書いているのですが、ひょっとして明日、明後日にはネットで炎上して問題が大きくなってる可能性もあります。

ゴキブリが混入していたツナ缶を購入した女性が謝罪を受け入れたとはいえ、早急に公表しなかったこと、自主回収の対応を取らないことが、今後のはごろもフーズの信用の失墜につながっていく可能性もありそうです。

数日後には、はごろもフーズの世間からの審判が下されるかもしれません。