小林麻央 港区の病院で誤診?医師はだれ?

シェアする

小林麻央 港区の病院で誤診?医師はだれ?

小林麻央さんが、癌と診断される前に人間ドックで癌の検診を受けてます。

その時に、腫瘍がみつかって、癌である確率が五分五分であった。

そして、再検査の結果、それは悪性の腫瘍でないという結果を得て安心して小林麻央さんは、日々の生活を送っていたある日、左の乳房にパチンコくらいの大きさのしこりがあることに気が付きました。

そして、再び検査を受けた。

そして脇にもしこりがあることを医師に告げられました。

それは癌が転移し、しこりになって現れたもの。

そこから小林麻央さんの癌との闘病生活が始まるのですが、人間ドックを受けて腫瘍が見つかり、再検査を受けた時に悪性の腫瘍であることがわかってすぐに治療を受けていれば、小林麻央さんの様態も今とは違っていたはずです。

つまり、人間ドックで腫瘍が見つかり、再検査で医師が小林麻央さんの腫瘍が悪性であることに気が付けば、癌が肺や骨に転移せずに済んでいた可能性があり、現在のようにステージ4に至らなかったと、専門家の見解もあります。

人間ドックで腫瘍が見つかった後の再検査で、誤診があったのでは?と噂されてます。

小林麻央さんのブログの「kokoro」では「誤診」と書いてはいませんが、「早くに気がついていれば・・」というような後悔の念をブログに綴っておられました。




やはり小林麻央さんは誤診?その結果ステージ4に?

週刊誌が小林麻央さんが人間ドックを受け腫瘍が見つかり、再検査を行った病院の医師を直撃したようです。

やはり誤診の疑いがあった可能性があったのか?

小林麻央さんが再検査の時に経験豊富な医師に診てもらっていれば、今のような状況にならずに済んだ可能性があります。

小林麻央さんがブログで癌と診断されるまでの経緯を書き、ブログを見た他の病院の専門医も「早期に発見できたのでは?」という疑問も投げかけられているそうです。

早くに悪性の腫瘍であることに気が付き、早期に治療を始めていればステージ4という末期の段階ににまで行かずに済んだかもしれません。




小林麻央さんが診察を受けた病院はどこ?港区の病院?医師は誰?

小林麻央さんが人間ドックで腫瘍が見つかり、再検査で悪性の腫瘍ではないと診察をした病院は港区にある病院だということです。

どこの病院かは伏せられていますが、小林麻央さんへの誤診?があったということで話題になったことで、どこの病院なのか注目が集まってます。

そしてその時に診察をした医師が誰なのかということも話題になってます。

港区の病院で人間ドックのお世話になる予定のある人にしてみたら、とても気になることですよね。

実際のところ、小林麻央さんがどこの病院の人間ドックを受けたか、また再検査で診察をした医師など特定には至ってませんが、今後ネットなどで情報が出回るかもしれません。

実際のところ、再検査では判断が難しかったのかもしれませんし、誤診ではない可能性もあるので、病院や医師を特定して名前を晒すのも注意が必要です。

いずれにせよ、専門分野のことなので、結局は素人は蚊帳の外なのかもしれませんが、週刊誌が取材して今後はどういう展開に転んでいくのか気になるところです。

現在、小林麻央さんは病院を退院して、抗がん剤を休止して自宅療養しているそうです。

しかし、その状況から「もう先が短いか?」とネットで話題になってましたが、最近のブログにアップされてる小林麻央さんの写真を見ると、以前より元気そうに見えるのですけど。

抗がん剤を休止してることもあって、まつ毛、眉毛も生えてきて以前の小林麻央さんの顔に戻りつつあります。

ブログで骨や肺に癌が転移していることを告白し、癌の進行状況が末期がんのステージ4という状況には見えません。

ブログから、前向きに日々生きてる小林麻央さん見てると本当に奇跡を起こし、癌を克服するのでは?と思えます。

ほんとうに良くなってほしいですね。