小林麻央 ブログの更新 こころ、遺伝子検査って?

シェアする

小林麻央 ブログの更新 こころ、遺伝子検査って?

世間では明日から3連休です。

先日の小林麻央さんのブログで、娘さんの運動会のしおりのプログラムを見て感極まって泣いてしまった話がとても印象に残ってます。

娘さんの運動会に行くことが目標、とブログに綴っておりましたが、ひょっとしてその記事を書かれた時は。娘さんの運動会には・・・・。

そう思ってらしたのでしょうか?

今日、小林麻央さんのブログ「KOKORO」(こころ)を拝見して、知り合いの方から送っていただいた花の写真をブログにアップされてました。




10月10日の体育の日はもうすぐですね。

一つの目標を達成しようとされてる小林麻央さん、次の目標はなんなのでしょうね(笑)。

小さな目標を設定して、コツコツと前に進んでいって、奇跡をおこされることを信じております。

小林麻央さんのブログ、「KOKORO」を拝見していると、闘病中で大変な思いをされているはずですが、日々の些細な小さな事柄から感動し、「生」を吸収されているように思えます。

健康はとても尊いことですが、それが当たり前の時って「生」って実感できないもので、小林麻央さんは癌という大病になってから「生」を以前より認識されてるように思えます。

毎日更新されているブログは、短い文章ではありますが、その短い文章に「今日一日、生を全うした。」という思いが込められているように思えます。

大きな奇跡を起こすためには、今日一日の積み重ねなのだなぁ、と小林麻央さんのブログを見て思った次第です。




小林麻央さん、遺伝子検査を受けたそうです。その意味は?

先ほどブログを拝見していて、遺伝子検査を受けこと書かれてました。

小林麻央さんの母上も乳癌だったそうです。

そして、その娘の小林麻央さんが、自分と同じ乳癌になったことで、「自分のせいでは?」と小林麻央さんの母上は心を痛めていたそうです。

そして小林麻央さんの姉のフリーアナウンサーの小林麻耶さんは、自分の母も妹も乳癌になったことで、癌に対しての不安を植え付けられてしまうわけでして、癌って病は病気になった当事者だけではなく、家族の身ににまでも慢性的な不安を与えるようです。

小林麻央さんが遺伝子検査を受けた結果は、陰性だったそうです。

つまり、小林麻央さんの乳癌は母からの遺伝ではなかったことが証明されました。

遺伝ではない、ということの意味って、小林麻央さんの母上と姉、そして小林麻央さん自身、そして小林麻央さんの小さな娘さんにまで関係してきます。

小林麻央さんの乳癌が遺伝でないと分かれば、ずっと「自分のせいで・・・」と心を痛めていた、小林麻央さんの母上の心のケアがなされるわけです。

そして「母も妹も乳癌になってるから私も・・・・」と、不安を抱えることになった姉の小林麻耶さんも、妹の小林麻央さんの乳癌が母からの遺伝ではないとわかれば、不安が解消されるわけです。

そして、小林麻央さんにしても、もしも自分の乳癌が遺伝だったら、自分の娘さんの将来の心配も募るわけです。

そして、自分の乳癌が遺伝でないということで、小林麻央さん自身の娘さんに対する心配も払拭できるということ。

癌という病は患者の家族にも、慢性的な不安を植え付ける厄介な病気なんですね。

小林麻央さんも、検査の結果がわかるまで怖さがつのってきた、とブログに書かれてましたが、何よりも小林麻央さんの小さな娘さんの将来にも影響してくることなので、結果がでるまで不安で仕方がなかったでしょうね。

でも、遺伝ではなくて、本当に良かったですね。