小林麻央 手術 成功 QOLって何?局所コントロール?

シェアする

小林麻央 手術 成功 QOLって何?局所コントロール?

小林麻央さん 局所コントロール手術成功!

フリーアナウンサーの小林麻央さんが、手術をされていたそうです。

たしか、癌が骨や肺に転移していて手術できなかったのでは・・・・。

しかし、医師の勇断により手術が行われたそうです。

術後の経過も順調なので、小林麻央さんが早速、ブログで報告されてました。

しかし、小林麻央さんの手術は癌を取り除く手術ではなく局所コントロールの手術だそうです。




局所コントロール QOLって何?

これはQOLと言われるもので、癌治療そのものの手術ではなく、生活を向上させるための手術だそうです。

癌治療では治療が長引くために、癌そのものの苦痛だけでなく、癌治療から派生する苦痛もあるそうすで。

その苦痛を和らげるための治療がQOLというそうです。

長い治療生活と長い入院生活で癌から来る以外の苦痛を和らげるための手術。

いまでは、こういう治療もやっているんですね。

ブログでご本人が語っておりましたが、一時は癌の転移で胸や脇の状態が悪くて手術の選択さえできなかったそうです。

小林麻央さんが局所コントロール QOLの手術を受けたということは、治療が長期戦になるということを踏まえての、ご本人の判断だと思います。




ブログでは

手術をしたからといって、

肺や骨に癌は残っており、
痛みもあるので、
これからが闘いです。

と語っておられることから、小林麻央さんは今後も治療に向けて前向きということです。

抗がん剤の副作用も大変みたいだし、癌という病気の精神的なプレッシャーなどもあって、生きることをあきらめる患者さんもいるそうですけど、小林麻央さんの「絶対に治るんだ」という生きることへの貪欲さがすごくて、小林麻央さんのブログを見ていて勇気をもらえます。

今までテレビでは見られなかった小林麻央さんの意志の強さ、芯の強さのようなものが垣間見れます。

そして、

まわりの皆は、
ここまでこられたことが
奇跡だと言ってくれますが、
奇跡をここでは使いたくないです。

奇跡はまだ先にあると
信じています。

と10月1日の記事の最後は締めくくってますが、本当は小林麻央さんの体は深刻な状況だったようです。

しかし、小林麻央さんの明るく前向きな姿勢がブログから伝わってきて、小林麻央さんは、必ず奇跡を起こしますね。

ほんと、すごい人です。