鳥越俊太郎の学歴詐称 京大同級生が証言する!!

シェアする

鳥越俊太郎 学歴詐称 京大同級生 

東京都知事選に落っこちた鳥越俊太郎。

ほんとこの人、都知事選の最中に認知症疑惑、女性への淫行疑惑などの問題が浮き上がってきて、鳴り物入りの野党統一候補で都知事選に出馬したのはいいが、知名度と好感度を活かしきれず、あえなく落選しちゃいました。

ほんと今思うと前代未聞の都知事候補でしたね。

都知事の仕事は都政なのに、出馬会見で国政の話ばかりしてましたよね(笑)

それに政策も全くないまま都知事選に出馬した候補も過去にいないのではないだろうか。

ほんと伝説を作ってくれましたね(笑)




鳥越俊太郎 今度は学歴詐称疑惑!

しかしですね、またまた新たな疑惑が浮上!!

今度は学歴詐称疑惑。

鳥越俊太郎、本人は京都大学卒と自称しております。

なんでも1958年に京都大学の心理学科に入学したとのこと。

しかし、京都大学にはそのような学科がなかったとのこと。

存在しない学科に入学っておかしいですよね。

その後、史学科国史学科に転科したとのこと。

そもそも京都大学の心理学科そのものが1958年当時なかったのだから、この人は本当は大学を卒業しているのかも怪しい。

「京大」といっても国立大学の京都大学もあれば京都産業大学もある。

とりあえず京都にある大学ならたいがいは、大学の名称の頭に「京都」と名がつくはずだ。

だから鳥越俊太郎が自称する「京大」とは国立大学の「京大」ではない可能性が。

都知事選の政権放送の冒頭で「京大卒」と紹介されているが「京都大学卒業」と紹介されていない。

鳥越俊太郎は以前、何かの取材で大学には7年在籍したと語っている。

そして7年在籍しておいて授業にほとんど出席していないとのこと。

で、本人も自分の卒業証書の在りかさえ知らないようである。

おまけに単位を取ったという記憶すら乏しいようで、本当に卒業したのか信憑性に乏しい。

卒業後に毎日新聞に入社したようだが、当時の毎日新聞は学歴問わずだったそうです。(本人弁)

大手の新聞社に入社するのに学歴問わずはないんでないの?

なんぼなんでも新聞記者の仕事ってそれなりの教養はいりますよね?




鳥越俊太郎の学歴詐称を否定する京大同級生っているの?

京都大学に7年もいれば、その当時大学に通っていた同級生が鳥越俊太郎の学歴詐称の疑惑を晴らしてもいいものの、証人が誰一人も名乗りを上げない。

「同級生でした」と言う人がいないのだ。

ますます、鳥越俊太郎の学歴詐称疑惑の信憑性が増すばかり。

ネットでいろいろと調べてみたのですが、2ちゃんねるの掲示板で京都大学の卒業生が「鳥越っていう奴なんか知らない」と言っていたという書き込みがあった。

それと京都大学の卒業生の書き込みもあった。

その京都大学卒業生の人が大学に通っていたころに、その人の恩師、数人に鳥越俊太郎のことを聞いたところ、誰も知らなかったそうだ。

ある書き込みはもっとストレートに「京都大学の名誉教授が鳥越俊太郎なんて知らない」と言っていたという書き込みがあった。

ほんと、どうなってるの?鳥越さん。

女性問題が週刊誌に報じられた時に、週刊誌を刑事告訴するということでしたが、噂によると、勝てる見込みのない裁判になるので、弁護士も嫌がってるとのうわさ。

いずれは刑事告訴も取り下げられるだろう、とのこと。

東京都知事選に出馬しないほうが良かったですね。

黒歴史がどんどん暴かれることに。

テレビのニュース番組なんかに出てて知名度もあり、好感度も高かったのに業界人や同業者からは実は嫌われてたことも判明。

学歴詐称疑惑も、いまだ疑惑であり、京都大学を本当に卒業したという明確な証拠がない。

いずれはっきりすることでしょうしけどね。




コメント

  1. 匿名 より:

    1965年に京都大学文学部を卒業したことは間違いないようです、
    これは過去の卒業者名簿から確認できました。
    ただ、入学年は誰も確認していないようです。
    本当に1958年に(現役で)入学していたのなら、3年留年ということになりますが、ご本人は留年は認めていてもなぜ留年したのかは全く説明していないようです。
    だいたい大学留年などというものはよほどはっきりした理由がなければ、何の利益もないし心理的にも全く面白くないものです(社会に出るのが遅れるのですから)。経済的負担も大問題です。
    普通は、病気か、学生運動に夢中になっていたか、なにかプロ並みの特殊技能(楽器演奏とか売文業とか)が身についていてそれで稼いでいたか、あるいは親が大金持ちで放蕩の限りを尽くしていたか、のいづれかでしょう。
    当時学生運動の旗手として彼の名前は全く聞こえていませんでしたし、彼が大学以外の場所でプロとして活躍していたということも聞きません。
    第一、社会に出て有名になったのち自分の経歴を語るとして、もし大学で留年していたのなら、(妙な疑惑を晴らすためにも)積極的にその理由を語るのが普通でしょう。
    彼が、教養3年、専門4年、とのみ言って、それ以上語らないというのは、どうも解せません。
    京都大学へ入学した年度を調査すべきだと思います。
    鳥越という人物にほとんど関心はありませんが、今回のことで、この人は結構うそをつく人ではないか、と思うようになりました。是非真実が知りたいですね。