キャメロン首相 辞意を表明 逃亡?次期首相は?

シェアする

イギリス 次期首相 ボリス・ジョンソン

イギリスがぐちゃぐちゃな様相になってまいりました。

イギリスのEU離脱が国民投票できまり、EU残留を希望していたスコットランドはイギリスから独立することを示唆しております。

つまり、イギリスから独立してEUに加入するということですね。

ヨーロッパ経済が2分化するだけでなく、イギリスそのものが2分化する可能性もでてきた。




そして、国民投票の結果が出てイギリスのキャメロン首相は早速辞意を表明。

とても早い展開です。

というか早すぎる展開。

ひょっとして逃亡した可能性も。

なんせ、イギリスのEU離脱で世界に大恐慌が起こる可能性も多いにあり、そしてスコットランドが独立するとなると、内戦に発展する可能性もある。

現在、ヨーロッパは右極化に進んでいる。

シリア難民がヨーロッパに押し寄せてきたことが原因。

シリア難民の多くはドイツとイギリスを目指しているという。

当然、イギリス国民は治安が乱れること、雇用が奪われるという不安から難民を受け入れることを容認しているEU、イギリス政府に不信感を抱くわけです。

その結果、今回の国民投票でのイギリスのEU離脱。

ヨーロッパ諸国とイギリスの国民の民意を無視した結果ですよね。

それに、キャメロン首相はあちこちで問題を起こしている中国と親しい関係だったこともイギリス国民からの信頼を得られなかったことも理由に挙げられる。

イギリスEU離脱から世界の経済はどのようになっていくのか、またイギリスの今後が注目されますよね。




次期首相は誰?

次期首相として濃厚な人物は、ロンドン市長のボリス・ジョンソン氏だそうです。
ジョンソン氏はEU離脱派の保守派であり、キャメロン首相と対立していたそうだ。

イギリス国内でも保守に民意が傾いている。

今後スコットランドがイギリスからの独立を宣言したら、最悪の場合は内戦になる可能性もある。

独立問題では「北アイルランド紛争」という歴史がイギリスにはある。

右極化したイギリス国民が、独立しようとするスコットランドの市民とが衝突する可能性もある。

もしも次期首相が保守派のボリス・ジョンソン氏になればスコットランドの独立表明を力ずくで抑える可能性もあり、このイギリスのEUからの離脱騒動の着地点が今後は気になるところです。