金曜ロードショー 予定はハリー・ポッター 声優と放送日

シェアする

今週の金曜ロードショーの予定はハリー・ポッター祭り!!

今週の金曜ロードショーはハリー・ポッターシリーズの「ハリー・ポッターと謎のプリンス」。

今週、6月10日は第2夜です。

さて、今週のハリポタの声優陣を紹介します。




キャストと声優

<ハリー・ポッター> ダニエル・ラドクリフ(小野賢章)

<ルパート・グリント> ロン・ウィーズリー(常盤祐貴)

<ハーマイオニー・グレンジャー> エマ・ワトソン(須藤祐実)

<ホラス・スラグホーン> ジム・ブロードベント(森功至)

<ベラトリックス・レストレンジ> ヘレナ・ボナム=カーター(高乃麗)

<ルビウス・ハグリッド> ロビー・コルトレーン(斎藤志郎)

<アルバス・ダンブルドア> マイケル・ガンボン(永井一郎)

<セブルス・スネイプ> アラン・リックマン(土師孝也)

<ミネルバ・マクゴナガル> マギー・スミス(谷育子)

<ドラコ・マルフォイ> トム・フェルトン(三枝享祐)

<ルーナ・ラブグッド> イバンナ・リンチ(三村ゆうな)

<ジニー・ウィーズリー> ボニー・ライト(高野朱華)

<ラベンダー・ブラウン> ジェシー・ケイブ(宇野あゆみ)

<11歳のトム・リドル> ヒーロー・ファインズ・ティフィン(小林翼)

<16歳のトム・リドル> フランク・ディレイン(福山潤)

<フィリウス・フリットウィック> ウォーウィック・デイビス(田村錦人)

<ワームテール> ティモシー・スポール

<リーマス・ルーピン> デイビッド・シューリス(郷田ほづみ)

<モリー・ウィーズリー> ジュリー・ウォルターズ(一龍齋貞友)

<アーガス・フィルチ> デイビッド・ブラッドリー(青野武)

<アーサー・ウィーズリー> マーク・ウィリアムズ(梅津秀行)

<フレッド・ウィーズリー> ジェイムズ・フェルプス(尾崎光洋)

<ジョージ・ウィーズリー> オリバー・フェルプス(尾崎光洋)

<ニンファドーラ・トンクス> ナタリア・テナ(日野未歩)

<ケイティ・ベル> ジョージーナ・レオニダス(藤村歩)

<ナルシッサ・マルフォイ> ヘレン・マクローリー(佐藤しのぶ)

<フェンリール・グレイバック> デイブ・レジェノ(江川央生)

ダニエル・ラドクリフ役の小野賢章さんはハリー・ポッターシリーズではもうおなじみですよね。

他の映画ではブルーレイ版やdvd版で声優が変わることもあるのですが、ハリポタのダニエル・ラドクリフ役は小野賢章だけなので混乱せずに済みますよね。

まぁ、ハリー・ポッターシリーズの声優さんは皆、入れ替わることなテレビ版、ブルーレイ版も同じ人ですけどね。

スターウォーズシリーズなんか、テレビ版、やブルーレイ版などで吹き替えの声優さんが変わりますが、あれってなんか嫌ですよね。

声優が変わると役のイメージも変わって見える。

ちなみにハリーポッターのゲーム版ぼ吹き替えの声優さんは映画版の声優とは違う声優のようです。




金曜ロードショー ハリー・ポッター祭りの放送日と時間

第1週目 2016 6.03 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 放映済み

第2週目 2016 6.10 ハリー・ポッターと謎のプリンス (21:00~23:29)

第3週目 2016 6.17 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 (21:00~23:49)

第4週目 2016 6.24 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 (21:00~23:29)

イギリスの作家J・K・ローリングが1997年に発表した子供向けのファンタジー小説が原作。

原作は数々の賞を受賞しています。

大人気小説が映画化され、その時も大変話題になりましたよね。

原作の小説ははイギリス、映画はハリウッドのワーナーブラザーズで制作されましたが、俳優陣はみんなイギリスの俳優を起用。

アメリカ人の俳優を使っていたらまた雰囲気が変わったでしょうね。

映画をみていてイギリス特有のウェットな感じが出てます。

イギリス人の俳優ばかりで制作したのは正しい選択だったようです。

子供から大人まで楽しめる映画です。